Virtual SAN を考慮する場合、Virtual SAN クラスタをデプロイするための複数の構成ソリューションから選択できます。

要件に応じて、次のいずれかの方法で Virtual SAN をデプロイできます。

Virtual SAN Ready Node

Virtual SAN Ready Node は、Cisco、Dell、Fujitsu、IBM、Supermicro など、VMware パートナー向けの事前構成済みの Virtual SAN ソフトウェアのソリューションです。 このソリューションには、サーバ OEM および VMware が推奨する Virtual SAN デプロイでテストされ、認定済みハードウェア フォーム ファクタで検証されたサーバ構成が含まれます。 特定のパートナーにおける Virtual SAN Ready Node ソリューションの詳細については、VMware パートナーの Web サイトを参照してください。

ユーザー定義の Virtual SAN クラスタ

Virtual SAN クラスタを構築するには、『Virtual SAN 互換性ガイド (VCG)』の Web サイト (http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php) に記載されている個々のソフトウェアとハードウェア コンポーネント(ドライバ、ファームウェア、ストレージ I/O コントローラなど)を選択します。 VCG Web サイトに記載されている認定された任意のサーバ、ストレージ I/O コントローラ、キャパシティ デバイスとフラッシュ キャッシュ デバイス、メモリ、CPU ごとに必要なコア数などを選択できます。 Virtual SAN でサポートされているソフトウェアおよびハードウェア コンポーネント、ドライバ、ファームウェア、およびストレージ I/O コントローラを選択する前に、VCG Web サイトで互換性情報を確認します。 Virtual SAN クラスタを設計する場合は、VCG Web サイトに記載されているデバイス、ファームウェア、ドライバのみを使用します。 VCG に記載されていないソフトウェアおよびハードウェア バージョンを使用すると、クラスタで障害や予期しないデータ損失が発生する可能性があります。 Virtual SAN クラスタの設計の詳細については、Virtual SAN クラスタの設計とサイジングを参照してください。