Virtual SAN ホストのアップグレードを完了したら、Ruby vSphere Console (RVC) を使用してディスク フォーマットのアップグレードを続行できます。

前提条件

  • 更新バージョンの vCenter Server を使用していることを確認します。

  • Virtual SAN クラスタで実行されている ESXi ホストのバージョンが 6.0 以降であることを確認します。

  • vSphere Web Client の [ディスク管理] ページで、ディスクが健全な状態であることを確認します。 RVC コマンド vsan.disk_stats を実行してディスクのステータスを確認することもできます。

  • 使用するハードウェアとソフトウェアが『VMware 互換性ガイド』の Web サイト (http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php) に記載され、認定されていることを確認します。

  • ディスク フォーマットのアップグレードを実行するのに十分な空き領域があることを確認します。 RVC コマンド vsan.whatif_host_failures を実行して、アップグレードを正常に完了したり、アップグレード中に障害が発生した場合にコンポーネントの再構築を実行したりするのに十分な容量があることを確認します。

  • RVC にアクセスするために PuTTY または類似の SSH クライアントがインストールされていることを確認します。

    RVC ツールのダウンロードと RVC コマンドの使用の詳細については、『RVC コマンド リファレンス ガイド』を参照してください。

  • ホストがメンテナンス モードではないことを確認します。 オンディスク フォーマットのアップグレード時には、ホストをメンテナンス モードにしないでください。 Virtual SAN クラスタのメンバー ホストのいずれかがメンテナンス モードになると、そのメンバー ホストがクラスタに容量を提供しなくなるためクラスタ内で使用可能なリソース容量が減少し、クラスタのアップグレードに失敗する可能性があります。

  • RVC コマンド vsan.resync_dashboard を実行して、Virtual SAN クラスタで現在進行中のコンポーネント再構築タスクがないことを確認します。

手順

  1. RVC を使用して vCenter Server にログインします。
  2. vsan.disks_stats /< vCenter IP address or hostname>/<data center name>/computers/<cluster name> コマンドを実行して、ディスク ステータスを確認します。

    例:vsan.disks_stats /192.168.0.1/BetaDC/computers/VSANCluster

    このコマンドは、Virtual SAN クラスタ内のすべてのデバイスとホストの名前を一覧表示します。 また、現在のディスク フォーマットとその健全性ステータスも表示します。 デバイスの現在の健全性は、ディスク管理 ページの 健全性ステータス 列でも確認できます。 たとえば、デバイス障害が発生したホストまたはディスク グループの 健全性ステータス 列には、デバイス ステータスが [非健全] と表示されます。

  3. vsan.ondisk_upgrade <path to vsan cluster> コマンドを実行します。

    例:vsan.ondisk_upgrade /192.168.0.1/BetaDC/computers/VSANCluster

  4. RVC で進行状況を監視します。

    RVC は、一度に 1 つのディスク グループをアップグレードします。

    ディスク フォーマットのアップグレードが正常に完了すると、次のようなメッセージが表示されます。

    ディスク フォーマット アップグレード フェーズが終了しました

    アップブレードの必要な n v1 オブジェクトがあります。オブジェクトのアップグレード進行:n アップグレード済み、0 残り

    オブジェクトのアップグレードが完了しました:n アップグレード済み

    VSAN アップグレードが終了しました

  5. vsan.obj_status_report コマンドを実行して、オブジェクトのバージョンが新しいオンディスク フォーマットにアップグレードされていることを確認します。