vsan.host_claim_disks_differently RVC コマンドを実行して、ストレージ デバイスをフラッシュ、容量フラッシュ、または磁気ディスク (HDD) としてマークします。

このタスクについて

RVC ツールを使用すると、フラッシュ デバイスをキャパシティ デバイスとしてタグ付けできます。このタグ付けは、個別に行うことも、デバイスのモデルを指定してバッチで行うこともできます。 キャパシティ デバイスとしてのフラッシュ デバイスにタグを付ける場合、フラッシュ デバイスをオールフラッシュ ディスク グループに含めることができます。

注:

vsan.host_claim_disks_differently コマンドでは、タグ付けの前にデバイス タイプは確認されません。 このコマンドでは、使用中の磁気ディスクおよびデバイスを含め、capacity_flash コマンド オプションを使用して付加されたデバイスにタグが付けられます。 タグ付けの前に、デバイスのステータスを確認してください。

Virtual SAN 管理のための RVC コマンドの詳細については、『RVC コマンド リファレンス ガイド』を参照してください。

前提条件

  • Virtual SAN バージョン 6.0 以降を使用していることを確認します。

  • SSH が vCenter Server Appliance で有効化されていることを確認します。

手順

  1. vCenter Server Appliance への SSH 接続を開きます。
  2. 管理者権限を持つローカル アカウントを使用して、アプライアンスにログインします。
  3. 次のコマンドを実行して、RVC を開始します。
    rvc local_user_name@target_vCenter_Server

    たとえば、同じ vCenter Server Appliance を使用してキャパシティ デバイスのフラッシュ デバイスを root ユーザーとしてマークするには、次のコマンドを実行します。

    rvc root@localhost
  4. ユーザー名に対応するパスワードを入力します。
  5. vSphere インフラストラクチャで、vcenter_server/data_center/computers/cluster/hosts ディレクトリに移動します。
  6. --claim-type capacity_flash --model model_name オプションを指定して vsan.host_claim_disks_differently コマンドを実行し、同じモデルのオールフラッシュ デバイスをクラスタ内のすべてのホストのキャパシティ デバイスとしてマークします。
    vsan.host_claim_disks_differently --claim-type capacity_flash --model model_name *

次のタスク

クラスタで Virtual SAN を有効化し、キャパシティ デバイスを要求します。