デフォルトでは、キャパシティ デバイスの使用率が 80 パーセントに達すると、Virtual SAN は自動的に Virtual SAN クラスタをリバランスします。 リバランスは、Virtual SAN ホストがメンテナンス モードになった場合にも行われます。

次の RVC コマンドを実行して、クラスタでのリバランス操作を監視します。

  • vsan.check_limits。 ディスク領域の使用率がクラスタ内でバランスが取れているかどうかを確認します。

  • vsan.whatif_host_failures。 ホストあたりの現在の容量の使用率を分析し、1 つのホスト障害によって再保護用の領域がクラスタで強制的に不足するかどうかを判断します。また、ホスト障害がクラスタ容量、キャッシュの予約、クラスタ コンポーネントにどのように影響する可能性があるかについても分析します。

    コマンド出力に表示される物理容量の使用率は、Virtual SAN クラスタ内のすべてのデバイスの平均です。

  • vsan.resync_dashboard。 クラスタでの再構築タスクを監視します。

RVC コマンド オプションの詳細については、『RVC コマンド リファレンス ガイド』を参照してください。