障害が検出された場合やアップグレードが必要な場合は、フラッシュ キャッシュ デバイスを置き換える必要があります。フラッシュ デバイスをホストから物理的に取り外す前に、Virtual SAN から手動でデバイスを削除する必要があります。

このタスクについて

注意:

最初に Virtual SAN から削除せずにフラッシュ キャッシュ デバイスを廃止すると、Virtual SAN で使用されるキャッシュ量が予想外に少なくなります。その結果、クラスタのパフォーマンスが低下します。

フラッシュ キャッシュ デバイスを置き換えると、ディスク グループの仮想マシンにアクセスできなくなり、グループのコンポーネントは「低下しました」としてマークされます。Virtual SAN クラスタでフラッシュ キャッシュ デバイスにアクセスできない を参照してください。

前提条件

  • ホストのストレージ コントローラがパススルー モードで構成されており、ホットプラグ機能をサポートしていることを確認します。

    ストレージ コントローラが RAID 0 モードで構成されている場合は、ベンダーのドキュメントでデバイスの追加および取り外しに関する情報を参照してください。

  • フラッシュ キャッシュ デバイスをアップグレードする場合は、次の要件を確認します。

    • フラッシュ キャッシュ デバイスをアップグレードする場合は、フラッシュ デバイスに関連付けられているディスク グループからデータを移行するのに十分な領域がクラスタにあることを確認します。

    • ホストをメンテナンス モードにします。 Virtual SAN クラスタ メンバーのメンテナンス モードへの切り替えを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN クラスタに移動します。
  2. 管理 タブで、設定 をクリックし、[Virtual SAN] で ディスク管理 を選択します。
  3. 置き換えるデバイスが含まれているディスク グループを選択します。
  4. フラッシュ キャッシュ デバイスを選択して、選択したディスクをディスク グループから削除します をクリックします。

タスクの結果

フラッシュ キャッシュ デバイスが Virtual SAN クラスタから削除されると、クラスタの詳細に現在のクラスタ容量と構成設定が反映されます。Virtual SAN は、ディスク グループ メンバーシップを破棄し、パーティションを削除して、古いデータをすべてのデバイスから削除します。

次のタスク

  1. 新しいデバイスをホストに追加します。

    ホストは自動的にそのデバイスを検出します。

  2. ホストがデバイスを検出できない場合は、デバイスの再スキャンを実行してください。