仮想マシンおよびその仮想ディスクのストレージ要件およびストレージ サービスのタイプを定義するストレージ ポリシーを作成できます。 このポリシーで、Virtual SAN データストアがサポートするストレージ機能を参照します。

このタスクについて

前提条件

  • Virtual SAN ストレージのプロバイダを使用できることを確認します。 Virtual SAN ストレージ プロバイダの表示を参照してください。

  • 仮想マシンのストレージ ポリシーが有効になっていることを確認します。 ストレージ ポリシーの詳細については、『vSphere ストレージ』ドキュメントを参照してください。

  • 必要な権限:プロファイル駆動型ストレージ。プロファイル駆動型ストレージ ビュープロファイル駆動型ストレージ。プロファイル駆動型ストレージ更新

手順

  1. vSphere Web Client のホームで、ポリシーおよびプロファイル > 仮想マシン ストレージ ポリシー をクリックします。
  2. 仮想マシン ストレージ ポリシーを新規作成します アイコン () をクリックします。
  3. vCenter Server を選択します。
  4. ストレージ ポリシーの名前と説明を入力して、次へ をクリックします。
  5. ルール セット 1 のウィンドウに、最初のルール セットを定義します。
    1. データ サービスに基づくルール ドロップボックスから VSAN を選択します。

      ページが展開され、Virtual SAN データストアによってレポートされた機能が表示されます。

    2. ルールを追加し、その値を指定します。

      指定する値が、Virtual SAN データストアのストレージ機能によってアドバタイズされる値の範囲内であることを確認します。

      ストレージ消費モデルから、使用可能な仮想ディスク サイズと、対応するフラッシュ キャッシュおよびストレージの容量(指定されたストレージ ポリシーを適用したときに仮想マシンで消費される可能性のある予約ストレージ領域を含む)を確認できます。

    3. (オプション) : タグ ベースの機能を追加します。
  6. (オプション) : 別のルール セットを追加します。
  7. このポリシーと一致するデータストアのリストを確認し、終了 をクリックします。

    データストアが適格とみなされるために、ポリシー内のすべてのルール セットを満たす必要はありません。 データストアは、少なくとも 1 つのルール セットと、そのセット内のすべてのルールを満たす必要があります。 Virtual SAN データストアが、ストレージ ポリシーに設定されている要件を持たし、互換性のあるデータストアのリストに表示されていることを確認します。

タスクの結果

新しいポリシーがリストに追加されます。

次のタスク

このポリシーを仮想マシンとその仮想ディスクに適用します。 Virtual SAN は、ポリシーに指定された要件に従って仮想マシン オブジェクトを配置します。 仮想マシン オブジェクトへのストレージ ポリシーの適用の詳細については、『vSphere ストレージ』ドキュメントを参照してください。