Virtual SAN ホストのアップグレードを完了したら、ディスク フォーマットのアップグレードを実行できます。

このタスクについて

注:

既存の Virtual SAN クラスタでデデュープおよび圧縮を有効にする場合、オンディスク フォーマットは自動的に最新バージョンにアップグレードされるため、この手順は必要ありません。 ディスク グループの再フォーマットを 2 回行うのを避けることができます。 Virtual SAN 設定の編集を参照してください。

前提条件

  • 更新バージョンの vCenter Server を使用していることを確認します。

  • ESXi ホストの最新バージョンを使用していることを確認します。

  • ディスクが健全な状態であることを確認します。 vSphere Web Client の [ディスク管理] ページに移動してオブジェクトのステータスを確認します。

  • 使用するハードウェアとソフトウェアが『VMware 互換性ガイド』の Web サイト (http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php) に記載され、認定されていることを確認します。

  • ディスク フォーマットのアップグレードを実行するのに十分な空き領域があることを確認します。 RVC コマンド vsan.whatif_host_failures を実行して、アップグレードを正常に完了したり、アップグレード中に障害が発生した場合にコンポーネントの再構築を実行したりするのに十分な容量があるかどうかを確認します。

  • ホストがメンテナンス モードではないことを確認します。 ディスク フォーマットをアップグレードする場合、ホストをメンテナンス モードにしないでください。 Virtual SAN クラスタのメンバー ホストのいずれかがメンテナンス モードになると、そのメンバー ホストがクラスタに容量を提供しなくなるためクラスタ内で使用可能なリソース容量が減少し、クラスタのアップグレードに失敗する可能性があります。

  • Virtual SAN クラスタで現在進行中のコンポーネント再構築タスクがないことを確認します。 Virtual SAN クラスタでの再同期タスクの監視を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN クラスタに移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [Virtual SAN] の下で、全般 をクリックします。
  4. オンディスク フォーマットのバージョンアップグレード をクリックします。
  5. [アップグレード] ダイアログで はい をクリックし、オンディスク フォーマットのアップグレードを実行します。

    Virtual SAN は、クラスタ内の各ディスク グループのローリング再起動を実行します。 [オンディスク フォーマットのバージョン] 列には、クラスタ内のストレージ デバイスのディスク フォーマット バージョンが表示されます。 期限切れバージョンのディスク 列では、新しいフォーマットを使用したデバイスの数が示されます。 正常にアップグレードされると、期限切れバージョンのディスク は 0 になります。

    アップグレード中に障害が発生した場合、vSphere Web Client の [コンポーネントの再同期] ページで確認できます。 すべての再同期が完了するのを待ち、再びアップグレードを実行します。 健全性サービスを使用してクラスタの健全性を確認することもできます。 健全性チェックによって明らかにされた問題を解決した後で、アップグレードを再び実行できます。