評価期間の終了前、または現在割り当てられているライセンスの有効期間の終了前に、Virtual SAN クラスタにライセンスを割り当てる必要があります。

このタスクについて

Virtual SAN のライセンスをアップグレード、結合、または分割する場合は、新しいライセンスを Virtual SAN クラスタに割り当てる必要があります。 Virtual SAN ライセンスをクラスタに割り当てる場合、使用されるライセンス キャパシティの量は、クラスタに参加しているホストの CPU の総数に等しくなります。 クラスタのホストが追加または削除されるたびに、Virtual SAN クラスタのライセンス使用量が再計算および更新されます。 ライセンスの管理およびライセンスに関する用語と定義の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』ドキュメントを参照してください。

クラスタで Virtual SAN を有効にすると、Virtual SAN を評価モードで使用してその機能を調べることができます。 評価期間は、Virtual SAN が有効になると開始され、その 60 日後に期限切れになります。 Virtual SAN を使用する場合は、評価期間が期限切れになる前にクラスタのライセンス契約を行う必要があります。 vSphere ライセンスと同様に、Virtual SAN ライセンスにも CPU 単位のキャパシティがあります。 オール フラッシュ構成や拡張クラスタなどの高度な機能を使用するには、その機能をサポートするライセンスが必要です。

前提条件

  • Virtual SAN のライセンスを表示および管理するには、vSphere Web Client が実行されている vCenter Server システムに対する グローバル > ライセンス 権限を持っている必要があります。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN を有効にしたクラスタに移動します。
  2. 管理 タブで、設定 をクリックします。
  3. 構成 で、ライセンス を選択し、ライセンスの割り当て をクリックします。
  4. ライセンス オプションを選択します。
    • 既存のライセンスを選択し、OK をクリックします。

    • 新しい Virtual SAN ライセンスを作成します。

      1. [新規ライセンスを作成] (ライセンスの作成アイコン) アイコンをクリックします。

      2. [新規ライセンス] ダイアログ ボックスで、Virtual SAN ライセンス キーを入力するか、コピー アンド ペーストして、次へ をクリックします。

      3. ライセンス名を編集 ページで、必要に応じて新しいライセンスの名前を変更し、次へ をクリックします。

      4. 終了 をクリックします。

      5. ライセンスの割り当て ダイアログで、新しく作成したライセンスを選択し、OK をクリックします。