障害の発生したストレージ デバイスが検出された場合、またはデバイスをアップグレードする場合は、ESXCLI コマンドを使用してそのデバイスをホストから手動で削除することができます。

このタスクについて

フラッシュ キャッシュ デバイスを削除すると、Virtual SAN は、そのフラッシュ デバイスに関連付けられているディスク グループとそのメンバー デバイスすべてを削除します。

前提条件

ホストのストレージ コントローラがパススルー モードで構成されており、ホットプラグ機能をサポートしていることを確認します。

ストレージ コントローラが RAID 0 モードで構成されている場合は、ベンダーのドキュメントでデバイスの追加および取り外しに関する情報を参照してください。

手順

  1. ESXi ホストへの SSH 接続を開きます。
  2. 障害発生デバイスのデバイス ID を識別するには、次のコマンドを実行し、出力でデバイス ID を確認します。
    esxcli vsan storage list 
    			 
  3. Virtual SAN からデバイスを削除するには、次のコマンドを実行します。
    esxcli vsan storage remove -d device_id
    					

次のタスク

  1. 新しいデバイスをホストに追加します。

    ホストは自動的にそのデバイスを検出します。

  2. ホストがデバイスを検出できない場合は、デバイスの再スキャンを実行してください。