Virtual SAN のアップグレード プロセスにはいくつかの段階があり、ここで説明する順序でアップグレード手順を実行する必要があります。

アップグレードを開始する前に、アップグレード プロセス全体を明確に理解し、アップグレード作業を中断することなくスムーズに実行できるようにしてください。 一般的な vSphere アップグレード手順に精通していない場合は、まず『vSphere のアップグレード』ドキュメントを読んでください。

注:

ここで説明されているアップグレード タスクの順序どおりにできない場合、データ損失やクラスタの障害が発生する原因となります。

Virtual SAN クラスタのアップグレード タスクは、次の順序で実行します。

  1. vCenter Server をアップグレードします。 『vSphere のアップグレード』のドキュメントを参照してください。

  2. ESXi ホストをアップグレードします。 ESXi ホストのアップグレードを参照してください。 アップグレードに向けた ESXi ホストの移行および準備の詳細については、『vSphere のアップグレード』ドキュメントを参照してください。

  3. Virtual SAN のディスク フォーマットをアップグレードします。 ディスク フォーマットのアップグレードは任意ですが、最適な結果を得るには、最新のバージョンを使用するようにオブジェクトをアップグレードします。 オンディスク フォーマットでは、環境内で Virtual SAN の完全な機能セットを使用できます。 RVC を使用した Virtual SAN ディスク フォーマットのアップグレードを参照してください。