VMware Virtual SAN では、仮想マシンの共有ストレージを作成するソフトウェア定義のアプローチを使用します。 ESXi ホストのローカル物理ストレージ リソースを仮想化し、サービス品質要件に従って仮想マシンとアプリケーションに分割して割り当てることができるストレージのプールに変換します。 Virtual SAN は、ESXi ハイパーバイザーに直接実装されます。

Virtual SAN は、ハイブリッドまたはオールフラッシュのクラスタのどちらかとして機能するように構成できます。 ハイブリッドのクラスタでは、キャッシュ レイヤーにフラッシュ デバイスが使用され、ストレージ容量レイヤーに磁気ディスクが使用されます。 オールフラッシュのクラスタでは、キャッシュと容量の両方でフラッシュ デバイスが使用されます。

Virtual SAN は既存のホスト クラスタで、または新しいクラスタを作成するときにアクティブ化できます。 Virtual SAN は、すべてのローカル キャパシティ デバイスを、Virtual SAN クラスタのすべてのホストによって共有される単一のデータストアに集約します。 データストアは、キャパシティ デバイスまたはキャパシティ デバイスが搭載されているホストをクラスタに追加することにより、拡張することができます。 クラスタの ESXi ホストで、類似または同一のストレージ構成を含め、すべてのクラスタ メンバーで類似または同一の構成を共有することをお勧めします。 これにより、クラスタ内のすべてのデバイスおよびホストで、仮想マシンのストレージ コンポーネントが確実にバランシングされるようにします。 ローカル デバイスを持たないホストでも、Virtual SAN データストアでその仮想マシンを参加させて実行することができます。

ホストがローカル キャパシティ デバイスを Virtual SAN データストアに提供する場合、フラッシュ キャッシュ用に少なくとも 1 つのデバイスを提供し、キャパシティ用(データ ディスクとも呼ばれる)に少なくとも 1 つのデバイスを提供する必要があります。

提供元のホスト上のデバイスは、1 つ以上のディスク グループを形成します。 各ディスク グループには、1 つのフラッシュ キャッシュ デバイスと、恒久的ストレージ用の 1 つまたは複数のキャパシティ デバイスが含まれています。 各ホストは、複数のディスク グループを使用するように構成できます。

Virtual SAN クラスタの設計およびサイジングに関するベスト プラクティス、容量の考慮事項、および一般的な推奨事項の詳細については、『VMware Virtual SAN Design and Sizing Guide』を参照してください。