2 つの地理的な場所またはサイトにまたがる Virtual SAN 拡張クラスタを構成します。

前提条件

  • 優先サイト用、セカンダリ サイト用、監視用と、少なくとも 3 つのホストがあることを確認します。

  • 拡張クラスタの監視ホストとして機能するように 1 つのホストを構成していることを確認します。 監視ホストが Virtual SAN クラスタに参加していないことを確認します。

  • 監視ホストが空であり、コンポーネントが含まれていないことを確認します。 既存の Virtual SAN ホストを監視ホストとして構成するには、最初にホストからすべてのデータを退避させて、ディスク グループを削除します。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN クラスタに移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [Virtual SAN] の下で、フォールト ドメインおよび Stretched Cluster をクリックします。
  4. 拡張クラスタの 構成 ボタンをクリックして拡張クラスタの構成ウィザードを開始します。
  5. セカンダリ サイトに割り当てるフォールト ドメインを選択し、>> をクリックします。

    [優先フォールト ドメイン] の下にリストされているホストは優先サイトにあります。

  6. 次へ をクリックします。
  7. Virtual SAN 拡張クラスタのメンバーでない監視ホストを選択し、次へ をクリックします。

    監視ホストのストレージ デバイスを要求するためのモードを選択し、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    自動

    Virtual SAN に対して、含まれているホストのすべての空デバイスを要求します。 自動モードの Virtual SAN はクラスタの ESXi ホストのローカル デバイスのみを要求します。 リモートのどの非共有デバイスでも手動で追加できます。

    手動

    含まれているホストのデバイスを手動で要求する必要があります。 ホストの新しいデバイスは Virtual SAN に追加されません。 手動モードでは、デバイスをディスク グループに編成する方法が半自動と手動の 2 種類あります。

    注:

    このモードを使用すると、Virtual SAN データストアが作成され、初期サイズは 0 バイトになります。 手動でデバイスを要求するまでデータストアは使用できません。

  8. 終了準備の完了 ページで構成を確認し、終了 をクリックします。