Virtual SAN クラスタの一部である ESXi のインストールをフラッシュ デバイスから開始する場合、特定の制限が適用されます。

4 GB 以上の高品質な USB または SD フラッシュ ドライブを使用します。

注:

ESXi ホストのメモリ サイズが 512 GB を超えている場合は、SATADOM またはディスク デバイスから起動します。 Virtual SAN ホストを SATADOM デバイスから起動する場合は、シングルレベル セル (SLC) デバイスを使用し、起動デバイスのサイズを少なくとも 16 GB にする必要があります。 また、ディスクから起動するホストには、ローカル VMFS があります。 したがって、Virtual SAN 用ではない ESXi 起動ディスクを分離する必要があります。

Virtual SAN のログ情報と起動デバイス

ESXi を USB デバイスまたは SD デバイスから起動すると、スクラッチ パーティションが RAM ドライブに存在するため、ホストの再起動時にログ情報とスタック トレースが失われます。 ログ、スタック トレース、メモリ ダンプには、恒久的ストレージを使用します。

ログ情報は、Virtual SAN データストアには保存しないでください。 Virtual SAN クラスタで障害が発生すると、ログ情報にアクセスできなくなる可能性があります。

恒久的なログ ストレージに関して、次のオプションを検討します。

  • Virtual SAN に使用されておらず、VMFS または NFS でフォーマットされたストレージ デバイスを使用します。

  • メモリ ダンプとシステム ログを vCenter Server に送信するように、ホストで ESXi Dump Collector と vSphere Syslog Collector を構成します。

恒久的な場所を使用するスクラッチ パーティションの設定の詳細については、『vSphere のインストールとセットアップ』ドキュメントを参照してください。