vCenter Server をアップグレードした後、Virtual SAN クラスタのアップグレードの次のタスクでは、最新のバージョンを使用するように ESXi ホストをアップグレードします。

このタスクについて

Virtual SAN クラスタに複数のホストがあり、vSphere Update Manager を使用してホストをアップグレードする場合は、デフォルトの退避モードは アクセシビリティの確保 です。 このモードを使用し、Virtual SAN のアップグレード中に障害が発生すると、データにリスクが及びます。 退避モードの使用方法の詳細については、Virtual SAN クラスタ メンバーのメンテナンス モードへの切り替えを参照してください。

vSphere Update Manager の使用方法の詳細については、ドキュメント Web サイト (https://www.vmware.com/support/pubs/vum_pubs.html ) を参照してください。

ESXi ホストをアップグレードする前に、『vSphere のアップグレード』ドキュメントに記載されているベスト プラクティスを確認してください。 VMware には、ESXi アップグレード オプションがいくつかあります。 アップグレードするホストのタイプに最も適したアップグレード オプションを選択してください。 各種のアップグレード オプションの詳細については、『vSphere のアップグレード』ドキュメントを参照してください。

前提条件

  • ESXi ホストをアップグレードするのに十分なディスク領域があることを確認します。 ディスク領域の要件に関するガイドラインについては、『vSphere のアップグレード』ドキュメントを参照してください。

  • ESXi の最新バージョンを使用していることを確認します。 VMware 製品のダウンロード Web サイト (https://my.vmware.com/web/vmware/downloads) から、最新の ESXi インストーラをダウンロードできます。

  • vCenter Server の最新バージョンを使用していることを確認します。

  • ネットワーク構成、ストレージ I/O コントローラ、ストレージ デバイス、およびバックアップ ソフトウェアの互換性を確認します。

  • 仮想マシンをバックアップしたことを確認します。

  • DRS (Distributed Resource Scheduler) を使用して、アップグレード中の仮想マシンのダウンタイムを回避します。 ホストがメンテナンス モードに切り替えられたときに DRS で仮想マシンを移行するには、各仮想マシンの自動化レベルが 完全自動化 モードに設定されていることを確認します。 または、すべての仮想マシンをパワーオフするか、手動による移行を実行することもできます。

手順

  1. アップグレードするホストをメンテナンス モードにします。

    アップグレードは、Virtual SAN クラスタの ESXi 5.5 以降のホストで開始する必要があります。

  2. 要件に応じて アクセシビリティの確保 または 全データの移行 のいずれかの退避モードを選択し、ホストがメンテナンス モードに切り替わるまで待機します。

    vSphere Update Manager を使用してホストをアップグレードしている場合、または 3 台のホストで構成されるクラスタを操作している場合は、使用可能なデフォルトの退避モードは、アクセシビリティの確保 です。 このモードは、全データの移行 モードより高速です。 ただし、アクセシビリティの確保 モードでは、データが完全に保護されません。 障害が発生すると、データにリスクが及んだり、ダウンタイムや予期しないデータ損失が生じたりする可能性があります。

  3. ソフトウェアを ESXi ホストのデータストアにアップロードし、データストア内のディレクトリでファイルが使用可能であることを確認します。 たとえば、ソフトウェアを /vmfs/volumes/<datastore>/VMware-ESXi-6.0.0-1921158-depot.zip にアップロードできます。
  4. esxcli コマンド install -d /vmfs/volumes/53b536fd-34123144-8531-00505682e44d/depot/VMware-ESXi-6.0.0-1921158-depot.zip --no-sig-check を実行します。 このコマンドの実行には、esxcli ソフトウェア VIB を使用します。

    ESXi ホストが正常にインストールされると、次のメッセージが表示されます。

    更新は正常に完了しましたが、変更を有効にするにはシステムを再起動する必要があります。

  5. vSphere Web Client から、ESXi ホストを手動で再起動する必要があります。
    1. vSphere Web Client インベントリで、ESXi ホストに移動します。
    2. ホストを右クリックして 電源 > 再起動 を選択し、確認のために はい をクリックして、ホストが再起動されるのを待ちます。
    3. ホストを右クリックして 接続 > 切断 を選択し、次に 接続 > 接続 を選択してホストに再接続します。

      クラスタ内の残りのホストをアップグレードするには、各ホストについてこの手順を繰り返します。

      Virtual SAN クラスタに複数のホストがある場合は、vSphere Update Manager を使用して残りのホストをアップグレードできます。

  6. メンテナンス モードを終了します。

次のタスク

  1. Virtual SAN のディスク フォーマットをアップグレードします。 RVC を使用した Virtual SAN ディスク フォーマットのアップグレードを参照してください。

  2. ホストのライセンスを確認します。 ほとんどの場合、ホストのライセンスを再度適用する必要があります。 vSphere Web Client および vCenter Server を使用して、ホストのライセンスを適用できます。 ホストのライセンスの適用の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』ドキュメントを参照してください。

  3. vSphere Web Client または vSphere Update Manager を使用して、ホストで仮想マシンをアップグレードします。