既存の Virtual SAN クラスタで構成パラメータを編集して、デデュープおよび圧縮を有効にすることができます。

前提条件

Virtual SAN クラスタの作成

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN ホスト クラスタに移動します。
  2. 設定 タブをクリックします。
  3. [Virtual SAN] の下で、全般 をクリックします。
  4. [Virtual SAN] がオンになっているペインで、編集 ボタンをクリックします。
  5. デデュープおよび圧縮を構成します。
    1. ディスク要求モードを 手動 に設定します。
    2. デデュープおよび圧縮を 有効化 に設定します。
    3. (オプション) : 仮想マシンの冗長性の低下を有効にします。
    4. [OK] をクリックして、構成の変更を保存します。

タスクの結果

デデュープおよび圧縮を有効化する間に、Virtual SAN は、クラスタの各ディスク グループのディスク フォーマットを変更します。この変更を完了するために、Virtual SAN はディスク グループからデータを退避させ、ディスク グループを削除してから、デデュープおよび圧縮をサポートする新しいフォーマットで再作成します。

この有効化処理には、仮想マシンの移行や DRS は必要ありません。この処理に必要な時間は、クラスタ内のホストの数とデータ量によって異なります。進捗は タスクとイベント タブで監視できます。