Virtual SAN 環境で作業する前に、Virtual SAN クラスタの特性を把握しておく必要があります。

Virtual SAN クラスタの特性は、次のとおりです。

  • vCenter Server インスタンスごとに複数の Virtual SAN クラスタを使用できます。1 つの vCenter Server を使用して、複数の Virtual SAN クラスタを管理できます。

  • Virtual SAN では、フラッシュ キャッシュ デバイスやキャパシティ デバイスを含むすべてのデバイスが使用され、他の機能とデバイスが共有されることはありません。

  • Virtual SAN クラスタには、キャパシティ デバイスを持つホストも、持たないホストも含めることができます。キャパシティ デバイスを持つホストが少なくとも 3 台必要です。最適の結果を得るには、統一された構成のホストを持つ Virtual SAN クラスタを作成します。

  • ホストが容量を提供する場合、そのホストには少なくとも 1 つのフラッシュ キャッシュ デバイスと 1 つのキャパシティ デバイスが必要です。

  • ハイブリッド クラスタでは、磁気ディスクがキャパシティ デバイスとして使用され、フラッシュ デバイスが読み取り/書き込みキャッシュとして使用されます。Virtual SAN では、使用可能なすべてのキャッシュの 70 パーセントが読み取りキャッシュとして使用され、30 パーセントが書き込みバッファとして使用されます。この構成では、フラッシュ デバイスは、読み取りキャッシュおよび書き込みバッファとしての役割を果たします。

  • オールフラッシュ クラスタでは、指定された 1 つのフラッシュ デバイスが書き込みキャッシュとして使用され、追加のフラッシュ デバイスがキャパシティ デバイスとして使用されます。オールフラッシュ クラスタでは、すべての読み取り要求は、フラッシュ プールのキャパシティ デバイスから直接行われます。

  • Virtual SAN クラスタに入れることができるのは、ローカルまたは直接接続されたキャパシティ デバイスのみです。Virtual SAN では、クラスタに接続された SAN や NAS などの他の外部ストレージは使用できません。

Virtual SAN クラスタの設計およびサイジングについては、Virtual SAN クラスタの設計とサイジングを参照してください。