Virtual SAN では、Virtual SAN データストアにデプロイされる仮想マシンに、少なくとも 1 つのストレージ ポリシーが割り当てられている必要があります。 仮想マシンをプロビジョニングするときにストレージ ポリシーを仮想マシンに明示的に割り当てないと、Virtual SAN のデフォルト ストレージ ポリシーが仮想マシンに適用されます。

デフォルト ポリシーには、Virtual SAN ルールセットと一連の基本ストレージ機能が含まれ、通常、Virtual SAN データストアにデプロイされた仮想マシンの配置に使用されます。

表 1. Virtual SAN のデフォルト ストレージ ポリシーの仕様

仕様

設定

許容する障害の数

1

オブジェクトあたりのディスク ストライプの数

1

フラッシュ読み取りキャッシュの予約、つまり読み取りキャッシュに使用されるフラッシュ容量

0

オブジェクト スペースの予約

0

注:

オブジェクト スペースの予約をゼロに設定することは、仮想ディスクがデフォルトでシン プロビジョニングされることを意味します。

強制プロビジョニング

なし

デフォルトの仮想マシン ストレージ ポリシーの構成設定の確認は、仮想マシン ストレージ ポリシー > Virtual SAN のデフォルト ストレージ ポリシー > 管理 > ルール セット 1: VSAN に移動し、vSphere Web Client から行うことができます。

最適の結果を得るため、ポリシーの要件がデフォルト ストレージ ポリシーで定義されたものと同じであっても、独自の仮想マシン ストレージ ポリシーを作成し、使用することを検討してください。 ユーザー定義の仮想マシン ストレージ ポリシーの作成の詳細については、Virtual SAN の仮想マシン ストレージ ポリシーの定義を参照してください。

ユーザー定義のストレージ ポリシーをデフォルト ポリシーとしてデータストアに割り当てると、Virtual SAN により、デフォルト ストレージ ポリシーとの関連付けが自動的に削除され、指定されたデータストアでユーザー定義のストレージ ポリシーの設定が適用されます。 1 つの仮想マシン ストレージ ポリシーのみ、Virtual SAN データストアにデフォルト ポリシーとしていつでも割り当てることができます。

特性

Virtual SAN のデフォルト ストレージ ポリシーの特性は、次のとおりです。

  • VMware で提供するデフォルト ストレージ ポリシーは、仮想マシンをプロビジョニングするときに他の Virtual SAN ポリシーを選択していなければ(つまり、[ストレージの選択] ページで 仮想マシン ストレージ ポリシー フィールドが データストアのデフォルト に設定されていれば)、すべての仮想マシン オブジェクトに適用されます。 ストレージ ポリシーの使用の詳細については、『vSphere ストレージ』ドキュメントを参照してください。

  • Virtual SAN のデフォルト ポリシーは、Virtual SAN データストアにのみ適用されます。 NFS や VMFS データストアなど、non-Virtual SAN データストアにデフォルト ストレージ ポリシーを適用することはできません。

  • デフォルトの仮想マシン ストレージ ポリシーは vCenter Server のどの Virtual SAN データストアとも互換性があるため、デフォルト ポリシーを使用してプロビジョニングされた仮想マシン オブジェクトを vCenter Server の任意の Virtual SAN データストアに移動できます。

  • デフォルト ポリシーのクローンを作成して、ユーザー定義のストレージ ポリシーを作成するためのテンプレートとして使用できます。

  • StorageProfile.View 権限がある場合は、デフォルト ポリシーを編集できます。 少なくとも 1 つのホストが含まれる Virtual SAN 対応クラスタが少なくとも 1 つ必要です。 デフォルト ストレージ ポリシーの設定は編集しないことを強くお勧めします。

  • デフォルト ポリシーの名前や説明、または Virtual SAN ストレージ プロバイダの仕様は編集できません。 ポリシー ルールを含む他のすべてのパラメータは編集できます。

  • デフォルト ポリシーは削除できません。

  • 仮想マシンをプロビジョニングするときに割り当てたポリシーに Virtual SAN 固有のルールが含まれていない場合は、デフォルト ストレージ ポリシーが適用されます。