Virtual SAN を使用する場合、パフォーマンスや可用性などの仮想マシンのストレージ要件をポリシーで定義できます。 Virtual SAN を使用すると、Virtual SAN データストアにデプロイされる各仮想マシンに、少なくとも 1 つのストレージ ポリシーが割り当てられるようになります。

ストレージ ポリシー要件を割り当てると、仮想マシンの作成時にその要件が Virtual SAN レイヤーにプッシュされます。 仮想デバイスは Virtual SAN データストア全体に分散されて、パフォーマンスと可用性の要件が満たされます。

Virtual SAN はストレージ プロバイダを使用して基盤となるストレージに関する情報を vCenter Server に提供します。 この情報により、仮想マシンの配置について適切に決定し、ストレージ環境を監視することができます。