Virtual SAN の要件に基づいて、フラッシュ デバイスおよび磁気ディスクを使用します。

予測される仮想マシンの使用に対応できるだけの十分な容量がクラスタにあることと、仮想マシンのストレージ ポリシーに定義された 許容する障害の数 を確認します。

Virtual SAN でストレージ デバイスを要求できるようにするため、ストレージ デバイスが次の要件を満たしている必要があります。

  • ストレージ デバイスが ESXi ホストに対してローカルであること。 Virtual SAN ではリモート デバイスを要求できません。

  • ストレージ デバイスに既存のパーティション情報が存在しないこと。

  • オールフラッシュとハイブリッドの両方のディスク グループを同じホストで使用していないこと。

ディスク グループのデバイスの準備

各ディスク グループには、1 つのフラッシュ キャッシュ デバイスと、1 つ以上の磁気ディスクまたは 1 つのフラッシュ キャパシティ デバイスがあります。 フラッシュ キャッシュ デバイスは、キャパシティ デバイス上で使用される、予測されたストレージの少なくとも 10%(ミラーなどのレプリカを含まない)を提供する必要があります。

Virtual SAN では、3 つ以上のホストで構成されるクラスタに対してストレージを提供するホストに少なくとも 1 つのディスク グループが必要です。 Virtual SAN のパフォーマンスを最適にするには、統一された構成のホストを使用します。

Raw および使用可能な容量

特定の状況に対応するため、仮想マシンの容量を超える Raw ストレージ容量を用意します。

  • 容量にはフラッシュ キャッシュ デバイスのサイズを含めないでください。 ストレージのフラッシュ デバイスを追加しない限り、フラッシュ キャッシュ デバイスはストレージを提供せず、キャッシュとして使用されます。

  • 仮想マシンのストレージ ポリシーで定義された 許容する障害の数 に対応できる、十分な容量を用意します。 許容する障害の数 が 0 より大きいと、デバイスの占有量が増加します。 許容する障害の数 を 1 に設定した場合、占有量は 2 倍になります。 許容する障害の数 を 2 に設定した場合、占有量は 3 倍になり、以下同様に増加していきます。

  • 統合された Virtual SAN データストア オブジェクトではなく、個々のホストの容量を調べて、操作に十分な容量が Virtual SAN データストアにあるかどうかを確認します。 たとえば、ホストを退避させる場合、データストアのすべての空き領域が退避させるホストに存在するために、別のホストへの退避をクラスタで処理できないことがあります。

  • シン プロビジョニングされたワークロードで大量のストレージの消費を開始する場合は、データストアで容量不足になるのを回避できるだけの十分な容量を用意します。

  • 物理ストレージで Virtual SAN クラスタのホストの再保護モードとメンテナンス モードに対応できることを確認します。

  • 使用可能なストレージ容量に対する Virtual SAN のオーバーヘッドを検討します。

    • オンディスク フォーマット バージョン 1.0 では、キャパシティ デバイスあたり約 1 GB の追加のオーバーヘッドがかかります。

    • オンディスク フォーマット バージョン 2.0 では、追加のオーバーヘッドがかかります(一般的にはデバイスあたり 1 ~ 2% の容量にすぎない)。

    • オンディスク フォーマット バージョン 3.0 以降では、追加のオーバーヘッドがかかります(一般的にはデバイスあたり 1 ~ 2% の容量にすぎない)。 ソフトウェア チェックサムが有効になっているデデュープおよび圧縮では、デバイスあたり約 6.2% の容量の追加のオーバーヘッドがかかります。

Virtual SAN データストアの容量の計画の詳細については、『VMware Virtual SAN 設定とサイジング ガイド』を参照してください。

Virtual SAN ポリシーのキャパシティ デバイスに与える影響

仮想マシンの Virtual SAN ストレージ ポリシーは、さまざまな方法でキャパシティ デバイスに影響します。

表 1. Virtual SAN の仮想マシン ポリシーと Raw 容量

ポリシーが影響する点

説明

ポリシーの変更

  • 許容する障害の数 は、仮想マシンに提供する必要がある物理ストレージ容量に影響します。 可用性を高めるために 許容する障害の数 を大きくするほど、必要な容量が多くなります。

    許容する障害の数 を 1 に設定すると、仮想マシンの VMDK ファイルのレプリカが 2 つに制限されます。 許容する障害の数 を 1 に設定した場合、50 GB の VMDK ファイルには、異なるホストで 100 GB の容量が必要です。 許容する障害の数 を 2 に変更した場合、クラスタ内のホスト全体で VMDK の 3 つのレプリカをサポートできる容量 (150 GB) が必要です。

  • オブジェクトあたりの新しいディスク ストライプ数など、一部のポリシー変更には一時リソースが必要です。 変更によって影響を受ける新しいオブジェクトは Virtual SAN で再作成され、物理ストレージで古いオブジェクトと新しいオブジェクトの両方に一時的に対応する必要があります。

再保護モードまたはメンテナンス モードの使用可能な領域

ホストをメンテナンス モードにするか、仮想マシンのクローンを作成する場合、Virtual SAN データストアでは使用可能な容量が十分であると示されますが、メンテナンス モードに切り替えられるホストの空き領域が十分でないため、データストアで仮想マシン オブジェクトを退避させられないことがあります。