ストレージ領域とパフォーマンスの要件に従って、ハイブリッド構成での容量について磁気ディスクのサイズと数を計画します。

SAS、NL-SAS、SATA 磁気デバイス

Virtual SAN ストレージのパフォーマンス、容量、コストの要件に従って、SAS、NL-SAS、または SATA 磁気デバイスを使用します。

  • 互換性。 磁気ディスクのモデルは、認定済みであり、『VMware 互換性ガイド』の「Virtual SAN」セクションに記載されている必要があります。

  • パフォーマンス。 SAS および NL-SAS デバイスでは、SATA ディスクより高速なパフォーマンスが得られます。

  • 容量。 Virtual SAN の SAS、NL-SAS、および SATA 磁気ディスクの容量は、『VMware 互換性ガイド』の「Virtual SAN」セクションで確認できます。 容量が多い少数のデバイスではなく、容量が少ない多数のデバイスを使用することを検討してください。

  • コスト。 SAS および NL-SAS デバイスは、SATA ディスクに比べコストが高くつきます。

容量とコストがパフォーマンスより優先される環境では、SAS や NL-SAS デバイスの代わりに SATA ディスクを使用するのが適切です。

Virtual SAN 容量としての磁気ディスク

次のガイドラインに従って、磁気ディスク構成を計画します。

  • Virtual SAN のパフォーマンスを向上させるには、容量が少ない多くの磁気ディスクを使用します。

    キャッシュとキャパシティ デバイス間でのデータ転送で全体的に適切なパフォーマンスが得られるように、十分な磁気ディスクを使用する必要があります。 容量が少ない多くの磁気ディスクを使用すると、容量が多い少数のデバイスを使用する場合に比べてパフォーマンスが向上します。 複数の磁気ディスク スピンドルを使用すると、ステージング解除の処理時間を短縮できます。

    多くの仮想マシンが存在する環境では、読み取りキャッシュでデータを使用できず Virtual SAN が磁気ディスクからデータを読み取る場合の読み取り操作に関しても、磁気ディスクの数が重要です。 仮想マシンの数が少ない環境では、アクティブな仮想マシン ストレージ ポリシーの オブジェクトあたりのディスク ストライプの数 が 1 より大きければ、ディスク数が読み取り操作に影響します。

  • バランスのとれたパフォーマンスと予測しやすい動作を実現するために、タイプとモデルが同じ磁気ディスクを Virtual SAN データストアで使用します。

  • 定義済みのストレージ ポリシーの 許容する障害の数 属性と オブジェクトあたりのディスク ストライプの数 属性を満たすには、十分な数の磁気ディスクを専用に使用します。 Virtual SAN の仮想ストレージ ポリシーの詳細については、Virtual SAN ポリシーの使用を参照してください。