コンプライアンスの確認 ボタンを使用する場合、Virtual SAN リソースが使用可能になり、仮想マシン プロファイルを満たしていても、仮想マシン オブジェクトのステータスは非準拠から準拠に変わりません。