Virtual SAN の構成ウィザードを使用して、Virtual SAN クラスタの基本構成を実行できます。

このタスクについて

前提条件

Virtual SAN の構成ウィザードを使用して基本構成を実行する前に、クラスタを作成してホストをそのクラスタに追加する必要があります。

手順

  1. vSphere Web Client で、既存のクラスタに移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [Virtual SAN] の下で、全般 を選択し、構成 をクリックして Virtual SAN の構成ウィザードを開始します。
  4. Virtual SAN 機能 を選択します。
    1. ストレージ デバイスを要求する必要があるモードを選択します。

      オプション

      説明

      自動

      Virtual SAN に対して、含まれているホストのすべての空デバイスを要求します。 自動モードの Virtual SAN はクラスタの ESXi ホストのローカル デバイスのみを要求します。 リモートのどの非共有デバイスでも手動で追加できます。

      手動

      含まれているホストのデバイスを手動で要求する必要があります。 ホストの新しいデバイスは Virtual SAN に追加されません。 手動モードでは、デバイスをディスク グループに編成する方法が半自動と手動の 2 種類あります。

      注:

      このモードを使用すると、Virtual SAN データストアが作成され、初期サイズは 0 バイトになります。 手動でデバイスを要求するまでデータストアは使用できません。

    2. クラスタでデデュープおよび圧縮を有効にする場合、有効化 チェック ボックスをオンにします。

      冗長性の低下を許可 チェック ボックスをオンにして、許容する障害の数 を 1 に設定した 3 台のホスト クラスタなど、リソースが制限された Virtual SAN クラスタでデデュープおよび圧縮を有効にできます。 冗長性の低下を許可した場合、ディスクの再フォーマット操作中にデータにリスクが及ぶおそれがあります。

    3. クラスタのフォールト トレランス モードを選択します。

      オプション

      説明

      構成しない

      シングルサイト Virtual SAN クラスタについて使用されるデフォルト設定。

      2 台のホストの Virtual SAN クラスタ

      リモート オフィスに 2 台のホストがあり、監視ホストがメイン オフィスにあるクラスタでフォールト トレランスを有効にします。 許容する障害の数 ポリシーを 1 に設定します。

      拡張クラスタ

      2 つのアクティブ サイトをサポートします。それぞれに偶数個のホストとストレージ デバイスがあり、監視ホストが 3 番目のサイトにあります。

      フォールト ドメインの構成

      障害が発生するおそれがある Virtual SAN ホストをグループ化するために使用できるフォールト ドメインをサポートします。 各フォールト ドメインに 1 つ以上のホストを割り当てます。

  5. 次へ をクリックします。
  6. ネットワーク検証 ページで、Virtual SAN VMkernel アダプタの設定を確認し、次へ をクリックします。
  7. (オプション)手動モードを使用してディスクを要求することを選択した場合、クラスタごとに使用するディスクを要求し、次へ をクリックします。
  8. フォールト トレランス モードに基づいて、ウィザードに従ってクラスタの構成を実行します。
    1. 2 台のホストの Virtual SAN クラスタの構成 を選択した場合、クラスタの監視ホストを選択し、監視ホストのディスクを要求します。
    2. 拡張クラスタの構成 を選択した場合、クラスタのフォールト ドメインを定義し、監視ホストを選択して、監視ホストのディスクを要求します。
    3. フォールト ドメインの構成 を選択した場合、クラスタのフォールト ドメインを定義します。

    フォールト ドメインの詳細については、Virtual SAN クラスタのフォールト ドメインの管理を参照してください。

    拡張クラスタの詳細については、拡張クラスタを使用した 2 つのサイトにわたるデータストアの拡張を参照してください。

  9. 終了準備の完了 ページで構成を確認し、終了 をクリックします。