クラスタ内のホスト間の接続が失われると、Virtual SAN はアクティブなパーティションを特定し、接続がリストアされない場合はアクティブなパーティションにある隔離されたパーティションからコンポーネントを再構築します。

コンポーネントの障害状態とアクセシビリティ

Virtual SAN は、オブジェクトの 50% を超える投票が使用可能なパーティションを特定します。 隔離されたホストのコンポーネントは、「不完全」としてマークされます。

Virtual SAN の動作

Virtual SAN は、次のようにネットワーク障害に応答します。

パラメータ

動作

許容する障害の数

仮想マシン ストレージ ポリシーでの 許容する障害の数 が 1 以上の場合は、引き続きクラスタ内の別の ESXi ホストから仮想マシン オブジェクトにアクセスすることができます。 リソースが使用可能な場合、Virtual SAN は自動再保護を開始します。

許容する障害の数 が 0 に設定されていて、オブジェクトのコンポーネントが隔離されたホストにある場合、仮想マシン オブジェクトにはアクセスできません。

隔離されたホストの I/O 操作

Virtual SAN は、オブジェクトにアクセスすることができ、障害が発生したコンポーネントが存在しないかどうかを再評価するまで、実行中のすべての I/O 処理を 5 ~ 7 秒間停止します。

Virtual SAN がオブジェクトにアクセス可能と判断すると、すべての実行中の I/O 処理が再開されます。

データの再構築

ホストが 60 分以内にクラスタに再参加すると、Virtual SAN はホストのコンポーネントを同期します。

ホストが 60 分以内にクラスタに再参加しない場合、Virtual SAN は、クラスタ内の他のホストの一部が、アクセスできないホストのオブジェクトに対するキャッシュ、容量、および配置ルールの要件を満たすかどうかを調べます。 該当するホストが存在する場合、Virtual SAN はリカバリ プロセスを開始します。

60 分後にホストがクラスタに再参加し、リカバリが開始されている場合、Virtual SAN は、リカバリを続行または停止するかどうかを評価し、元のコンポーネントを再同期します。