フラッシュ デバイスが ESXi ホストによって自動的にフラッシュとして識別されない場合は、手動でローカル フラッシュ デバイスとしてマークできます。

このタスクについて

これは、パススルー モードではなく RAID 0 モードが有効になっているときにも発生する可能性があります。 デバイスがローカル フラッシュとして認識されない場合、Virtual SAN に提供されるデバイスのリストから除外され、Virtual SAN クラスタでは使用できません。 これらのデバイスにローカル フラッシュとしてマークを付けると、Virtual SAN で使用可能になります。

前提条件

  • デバイスがホストに対してローカルであることを確認します。

  • デバイスが使用中ではないことを確認します。

  • デバイスにアクセスする仮想マシンがパワーオフ状態であり、データストアがアンマウント済みであることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN クラスタに移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [Virtual SAN] の下で、ディスク管理 をクリックします。
  4. 使用可能なデバイスのリストを表示するホストを選択します。
  5. ページ下部の 表示 ドロップダウン メニューで、未使用 を選択します。
  6. リストから 1 つ以上のフラッシュ デバイスを選択し、選択したディスクをフラッシュ ディスクとしてマークしますか () アイコンをクリックします。
  7. はい をクリックして変更を保存します。

    選択したデバイスのドライブ タイプがフラッシュとして表示されます。