ロケータ LED を使用して、ストレージ デバイスの場所を識別できます。

Virtual SAN は障害が発生したデバイスでロケータ LED を点灯できるため、デバイスを簡単に識別できます。 これは、複数のホット プラグおよびホスト スワップのシナリオで作業するときに特に役立ちます。

RAID 0 モードのコントローラはコントローラがロケータ LED を認識できるようにするには追加のステップが必要となるため、パススルー モードで I/O ストレージ コントローラを使用することを検討してください。

RAID 0 モードでのストレージ コントローラの構成に関する詳細については、ベンダーのドキュメントを参照してください。