新規の Virtual SAN オールフラッシュ クラスタを構成する際に、デデュープおよび圧縮を有効にすることができます。

手順

  1. vSphere Web Client で、既存のクラスタに移動します。
  2. 設定 タブをクリックします。
  3. [Virtual SAN] の下で、全般 を選択し、Virtual SAN を構成 ボタンをクリックします。
  4. クラスタでデデュープおよび圧縮を構成します。
    1. Virtual SAN 機能 ページで、[デデュープおよび圧縮] の下の 有効化 チェック ボックスをオンにします。

      ディスク要求が自動的に手動に変わります。

    2. (オプション) : 仮想マシンの冗長性の低下を有効にします。
  5. ディスクの要求 ページで、Virtual SAN クラスタを要求するディスクを指定します。
    1. キャパシティとして使用するフラッシュ デバイスを選択して キャパシティ層を要求 アイコン () をクリックします。
    2. キャッシュとして使用するフラッシュ デバイスを選択して キャッシュ層を要求 アイコン () をクリックします。
  6. クラスタの構成を完了します。

次のタスク

オールフラッシュ クラスタでデデュープおよび圧縮を有効にすると、ディスク要求を自動に変更できます。