有効な Virtual SAN のライセンスがあることを確認します。

本番環境で Virtual SAN を使用するには、Virtual SAN クラスタに割り当てる特別なライセンスが必要です。

標準の Virtual SAN ライセンスや、高度な機能をカバーするライセンスをクラスタに割り当てることができます。 一部の高度な機能では、その機能をサポートするライセンスが必要になります。 高度な機能として、オールフラッシュ構成、ソフトウェア チェックサム、IOPS 制限、デデュープおよび圧縮、拡張クラスタなどが挙げられます。 ライセンスの割り当ての詳細については、Virtual SAN クラスタのライセンス設定の構成を参照してください。

ライセンスの容量は、クラスタ内の CPU の合計数を満たしている必要があります。