高いパフォーマンスと必要なストレージ領域を提供し、将来の増加に対応できるように、Virtual SAN オールフラッシュ構成に対するフラッシュ キャパシティ デバイスの構成を計画します。

PCIe または SSD フラッシュ デバイスの選択

Virtual SAN ストレージのパフォーマンス、容量、書き込み耐久性、およびコストの要件に応じて、PCIe または SSD フラッシュ デバイスを選択します。

  • 互換性。 PCIe または SSD デバイスのモデルは、『VMware 互換性ガイド』の「Virtual SAN」セクションのリストに含まれている必要があります。

  • パフォーマンス。 一般に、PCIe デバイスのパフォーマンスは SSD デバイスよりも高速です。

  • 容量。 PCIe デバイスで使用可能な最大容量は、『VMware 互換性ガイド』において現在 Virtual SAN の互換 SSD デバイスとしてリストに含まれている最大容量よりも大きくなります。

  • 書き込み耐久性。 PCIe または SSD デバイスの書き込み耐久性は、容量、オールフラッシュ構成のキャッシュ、およびハイブリッド構成でのキャッシュの要件を満たす必要があります。

    オールフラッシュ構成とハイブリッド構成での書き込み耐久性要件の詳細については、『VMware Virtual SAN 設定とサイジング ガイド』を参照してください。 PCIe および SSD デバイスの書き込み耐久性クラスの詳細については、『VMware 互換性ガイド』の「Virtual SAN」セクションを参照してください。

  • コスト。 一般に、PCIe デバイスのコストは SSD デバイスの場合よりも高くなります。

Virtual SAN 容量としてのフラッシュ デバイス

オールフラッシュ構成では、Virtual SAN は読み取り操作にキャッシュを使用せず、仮想マシン ストレージ ポリシーの読み取りキャッシュ予約設定を適用しません。 キャッシュには、書き込み耐久性の高い、少量の高価なフラッシュを使用できます。 容量には、書き込み耐久性の低い安価なフラッシュを使用できます。

フラッシュ キャパシティ デバイスの構成は、次のガイドラインに従って計画します。

  • Virtual SAN のパフォーマンスを高めるには、小さいフラッシュ キャパシティ デバイスによるディスク グループをより多く使用します。

  • バランスのとれたパフォーマンスと予測しやすい動作を実現するために、タイプとモデルが同じフラッシュ キャパシティ デバイスを使用します。