Virtual SAN クラスタおよびそのクラスタに関連付けられているすべてのオブジェクトを監視できます。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN クラスタに移動します。
  2. 監視 タブを選択して、Virtual SAN をクリックします。
  3. 物理ディスク を選択して、クラスタ内のすべてのホスト、キャッシュ デバイス、およびキャパシティ デバイスを確認します。

    Virtual SAN には、合計容量、使用済み容量、予約済みの容量、機能的ステータス、物理的な場所など、キャパシティ デバイスに関する情報が表示されます。 物理的な場所は、Virtual SAN ホストのキャッシュ デバイスとキャパシティ デバイスのハードウェアの場所に基づいています。

  4. キャパシティ デバイスを選択し、仮想ディスク をクリックして、デバイスを使用する仮想マシンを確認します。

    仮想マシン オブジェクトの多くの局面(現在の状態や、割り当てられたストレージ ポリシーに準拠しているかどうかなど)を監視できます。

  5. 容量 を選択して、クラスタのプロビジョニング済み容量および使用済み容量に関する情報を確認します。また、オブジェクト タイプまたはデータ タイプ別の使用済み容量の内訳も確認します。
  6. 管理 タブを選択し、設定 をクリックして 全般 を選択し、Virtual SAN クラスタのステータス、インターネット接続、およびクラスタで使用されているオンディスク フォーマットを確認します。