ユーザー定義のストレージ ポリシーをデフォルト ポリシーとしてデータストアに割り当てて、要件を満たすストレージ ポリシーを再利用できます。

前提条件

デフォルト ポリシーとして Virtual SAN データストアに割り当てる仮想マシン ストレージ ポリシーが、Virtual SAN クラスタ内の仮想マシンの要件を満たしていることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN データストアに移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. デフォルト ストレージ ポリシーの 編集 ボタンをクリックして、デフォルト ポリシーとして Virtual SAN データストアに割り当てるストレージ ポリシーを選択します。

    vSphere Web Client で、Vitual SAN のデフォルト ストレージ ポリシーや Virtual SAN ルール セットが定義されたユーザー定義のストレージ ポリシーなど、Virtual SAN データストアと互換性のあるストレージ ポリシーのリストが表示されます。

  4. ポリシーを選択し、OK をクリックします。

    データストアのストレージ ポリシーを明示的に指定しないで新しい仮想マシンをプロビジョニングすると、このストレージ ポリシーがデフォルト ポリシーとして適用されます。

次のタスク

仮想マシンの新しいストレージ ポリシーを定義できます。 Virtual SAN の仮想マシン ストレージ ポリシーの定義を参照してください。