Virtual SAN フォールト ドメイン機能では、Virtual SAN に対して、別個のコンピューティング ラックに収容されている各サーバに冗長コンポーネントを分散するよう指示します。 この方法により、電源や接続が失われるなどのラックレベルの障害から使用環境を保護することができます。

フォールト ドメインの構成

Virtual SAN には、少なくとも 2 つのフォールト ドメインが必要です。それぞれ、1 つ以上のホストで構成されます。 フォールト ドメインの定義では、潜在的な障害ゾーン(たとえば、個々のコンピューティング ラック エンクロージャ)を表す物理ハードウェア構成について確認する必要があります。

可能であれば、少なくとも 4 つのフォールト ドメインを使用してください。 3 つのフォールト ドメインは特定のデータ退避モードをサポートせず、Virtual SAN は障害発生後にデータを再保護できません。 この場合、再構築が可能な追加のフォールト ドメインが必要です。これは、3 つのフォールト ドメインだけでは提供できません。

フォールト ドメインが有効にされると、Virtual SAN は、個々のホストではなくフォールト ドメインにアクティブな仮想マシンのストレージ ポリシーを適用します。

仮想マシンに割り当てる予定のストレージ ポリシーの 許容する障害の数 属性に基づいて、クラスタ内のフォールト ドメインの数を計算します。

number of fault domains = 2 * number of failures to tolerate + 1

ホストがフォールト ドメインのメンバーではない場合、Virtual SAN はそのホストをスタンドアロンのフォールト ドメインと解釈します。

数台のホストの障害に対するフォールト ドメインの使用

それぞれ 2 台のホストが収容された 4 台のサーバ ラックで構成されるクラスタについて考慮します。 許容する障害の数 を 1 に設定していて、フォールト ドメインが有効になっていない場合、Virtual SAN は、1 つのオブジェクトの両方のレプリカを同じラック エンクロージャに収容されているホストと一緒に保存することがあります。 このためアプリケーションには、ラックレベルの障害が発生したときにデータが損失する潜在的な危険性があります。 潜在的に障害が発生する可能性があるホストを別個のフォールト ドメインで一緒に構成する場合、Virtual SAN では、各保護コンポーネント(レプリカおよび監視)が確実に別のフォールト ドメインに配置されるようにします。

ホストおよび容量を追加する場合は、既存のフォールト ドメイン構成を使用するか、またはフォールト ドメインを定義することができます。

フォールト ドメインを使用したときにストレージの負荷を分散し、フォールト トレランスを有効にする場合は、次のガイドラインを考慮します。

  • ストレージ ポリシーで構成されている 許容する障害の数 を満たす十分なフォールト ドメインを設定します。

    少なくとも 3 つのフォールト ドメインを定義します。 確実に保護するには、少なくとも 4 つのドメインを定義します。

  • 各フォールト ドメインに同じ数のホストを割り当てます。

  • 統一された構成のホストを使用します。

  • 可能であれば、空き容量のある 1 つのフォールト ドメインを障害後のデータ再構築で専用に使用します。