Linux 仮想マシンの場合、VMware Tools はコマンド ラインを使用して手動でインストールまたはアップグレードします。

始める前に

  • 仮想マシンをパワーオンします。

  • ゲスト OS が実行中であることを確認します。

  • VMware Tools インストーラは Perl で記述されているため、ゲスト OS に Perl がインストールされていることを確認します。

  • 最新バージョンの VMware Tools がインストールされているかどうかを判断するには、仮想マシンの サマリ タブを確認します。

  • vSphere 仮想マシンの場合、最新バージョンの VMware Tools を所有しているかどうかを確認します。vSphere Client インベントリで、仮想マシンを選択して サマリ タブをクリックします。

このタスクについて

この手順では、VMware Tools tar を使用して VMware Tools をインストールまたはアップグレードする方法を説明します。vSphere 環境の仮想マシンの場合、VMware Tools OSP (Operating System Specific Packages) および open-vm-tools を使用して VMware Tools をインストールおよびアップグレードすることもできます。OSP open-vm-tools では、オペレーティング システムのネイティブの更新メカニズムを使用して VMware Tools をダウンロード、インストール、および管理できます。詳細については、Linux ゲスト OS 用 Operating System Specific Packageを参照してください。

手順

  1. VMware Tools の仮想ディスクをゲスト OS にマウントします。

    VMware 製品

    アクション

    vSphere Client

    インベントリ > 仮想マシン > ゲスト > VMware のインストール/アップグレード

    vSphere Web Client

    仮想マシンを右クリックし、ゲスト OS > VMware Tools のインストール/アップグレード の順に選択します。

    Fusion

    仮想マシン > VMware Tools のインストール(またはアップグレード)

    Workstation Pro

    仮想マシン > VMware Tools のインストール(またはアップグレード)

    Workstation Player

    Player > 管理 > VMware Tools のインストール(またはアップグレード)

  2. VMware Tools の仮想ディスクをゲスト OS にマウントします。

    VMware 製品

    アクション

    vSphere Client

    インベントリ > 仮想マシン > ゲスト > VMware Tools のインストール/アップグレード

    vSphere Web Client

    仮想マシンを右クリックし、すべての vCenter アクション > ゲスト OS > VMware Tools のインストール/アップグレード の順に選択します。

    1. 仮想マシンを見つけるには、データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホスト、または vApp を選択します。

    2. 関連オブジェクト タブで、仮想マシン をクリックします。

  3. アップグレードまたは再インストールを行う場合は、VMware Tools のインストール/アップグレード ダイアログ ボックスで Tools の対話型インストール または Tools の対話型アップグレード を選択し、OK をクリックします。

    ゲスト OS で VMware Tools の仮想ディスクをマウントすることで、プロセスが開始されます。

  4. 仮想マシンで、root としてゲスト OS にログインし、ターミナル ウィンドウを開きます。
  5. Linux ディストリビューションで VMware Tools の仮想 CD-ROM イメージが自動的にマウントされたかどうかを確認するには、引数なしで mount コマンドを実行します。

    CD-ROM デバイスがマウントされている場合、CD-ROM デバイスとそのマウント ポイントが次のように表示されます。

    /dev/cdrom on /mnt/cdrom type iso9660 (ro,nosuid,nodev)
  6. VMware Tools の仮想 CD-ROM イメージがマウントされていない場合、CD-ROM ドライブをマウントします。
    1. マウント ポイントのディレクトリが存在しない場合は作成します。
      mkdir /mnt/cdrom

      一部の Linux ディストリビューションでは、異なるマウント ポイント名を使用します。たとえば、いくつかのディストリビューションのマウント ポイントは、/mnt/cdrom ではなく /media/VMware Tools です。ご使用のディストリビューションの規則を反映するようにコマンドを変更してください。

    2. CD-ROM ドライブをマウントします。
      mount /dev/cdrom /mnt/cdrom

      一部の Linux ディストリビューションでは、異なるデバイス名を使用したり、/dev ディレクトリが異なっていたりすることがあります。CD-ROM ドライブが /dev/cdrom ではない場合、または CD-ROM のマウント ポイントが /mnt/cdrom でない場合は、ディストリビューションの規則を反映するようにコマンドを変更してください。

  7. 作業ディレクトリ(/tmp など)に移動します。

    cd /tmp

  8. VMware Tools をインストールする前に、前回の vmware-tools-distrib ディレクトリを削除します。

    このディレクトリの場所は、前回のインストール中にこのディレクトリを配置した場所に応じて異なります。多くの場合、このディレクトリの場所は /tmp/vmware-tools-distrib です。

  9. マウント ポイントのディレクトリの内容を一覧表示し、VMware Tools tar インストーラのファイル名を書き留めます。
    ls mount-point
  10. インストーラを展開します。
    tar zxpf /mnt/cdrom/VMwareTools-x.x.x-yyyy.tar.gz

    x.x.x は製品のバージョン番号を、yyyy は製品リリースのビルド番号を示します。

    RPM インストールの実行後に tar インストールを実行するか、その逆の順序でインストールを実行すると、インストーラは前回のインストールを検出するため、続行する前にインストーラのデータベース形式を変換する必要があります。

  11. 必要に応じて、CD-ROM イメージのマウントを解除します。
    umount /dev/cdrom 

    CD-ROM が自動的にマウントされる Linux ディストリビューションの場合は、イメージのマウントを解除する必要はありません。

  12. インストーラを実行して VMware Tools を構成します。
    cd vmware-tools-distrib
    ./vmware-install.pl

    通常、インストーラ ファイルの実行が終了した後に、vmware-config-tools.pl 構成ファイルが実行されます。

  13. 適切な値である場合は、プロンプトに従ってデフォルト値をそのまま使用します。
  14. スクリプトの最後の指示に従います。

    使用する機能に応じて、指示の中には X セッションの再開、ネットワークの再開、再ログイン、および VMware ユーザー プロセスの開始などが含まれます。これらのタスクをまとめて行うには、ゲスト OS を再起動します。

タスクの結果

サマリ タブの VMware Tools ラベルが OK に変わります。

vCenter Server を使用している場合は、概要 タブの VMware Tools ラベルが OK に変更されます。

次のタスク

大規模なシステム全体のアップグレードの一環として VMware Tools をアップグレードした場合は、次に、環境内の仮想マシンをアップグレードするかどうかを決定します。異なる互換性レベル用のハードウェアを評価、比較するには、「仮想マシンの互換性の設定で使用できるハードウェア機能」を参照してください。

vSphere アップグレードの一環として VMware Tools をアップグレードした場合は、次に環境内の仮想マシンをアップグレードするかどうかを決定します。異なる互換性レベル用のハードウェアを評価、比較するには、『vSphere 仮想マシン管理』 ドキュメントを参照してください。