VMware Tools サービスは、ゲスト OS を起動したときに開始されます。このサービスは、ホストとゲスト OS との間で情報を渡します。

バックグラウンドで実行されるこのプログラムは、Windows ゲスト OS では vmtoolsd.exe、Mac OS X ゲスト OSでは vmware-tools-daemon、Linux、FreeBSD、および Solaris ゲスト OS では vmtoolsd と呼ばれています。VMware Tools サービスは、以下のタスクを実行します。

  • ホストからゲスト OS へメッセージを渡す。

  • vCenter Server およびその他の VMware 製品の一部として、ゲスト OS のカスタマイズをサポートする。

  • VMware VIX API を使用して作成されたゲスト OS に対する命令をサポートする (Mac OS X ゲスト OS は除く)。

  • ゲスト OS の自動操作に役立つスクリプトを実行する。このスクリプトは、仮想マシンの電源状態を変更するときに実行されます。

  • ゲスト OS とホストとの間で時刻を同期する。

  • Windows ゲスト OS で、ゲストと vSphere Web Client 間のポインタの自由な移動を許可する。

    Xorg 1.8 以降を実行する Linux ゲスト OS では、この機能は標準機能として使用できます。

  • Windows および Mac OS X ゲスト OS では、フル スクリーン モードで実行している場合、ゲストの画面ディスプレイ解像度を vSphere Web Client の画面解像度に合わせる。ウィンドウ モードで実行している場合、ゲストの画面解像度は、クライアントまたはホスト上のウィンドウのサイズに調整されます。

  • Windows および Linux ゲスト OS の場合、特定のバックアップ アプリケーションで使用される静止スナップショットの作成を支援する。

  • Windows、Linux、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS では、ゲスト OS をシャットダウンまたは再起動するときに、仮想マシンでカスタム パワーオン スクリプトを実行する。

  • VMware 製品にハートビートを送信して、ゲスト OS が実行中であることを示すプロセスの 1 つ。ESXi または vCenter Server 上で仮想マシンを実行している場合、このハートビートの計測情報が管理インターフェイスに表示されます。

  • VMware VIX API を使用して作成された Windows および Linux 上のゲスト OS をサポートする (Mac OS X ゲスト OS は除く)。VIX API の詳細については、『vSphere API リファレンス』ドキュメントを参照してください。