仮想マシンのサスペンドおよびレジュームを行うデフォルトのスクリプトは、連携して動作するように記述されています。どちらかの操作のスクリプトを無効にする場合は、ほかの操作のスクリプトも無効にする必要があります。

始める前に

Linux、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS の場合、スクリプトのテスト、編集、または実行の無効化をするには、root ユーザーとしてログインします。

このタスクについて

重要:

Windows NT、Windows Me、Windows 98、および Windows 95 ゲスト OS ではスクリプトを実行できません。

手順

  1. ゲスト OS でコマンド プロンプトまたはターミナルを開きます。
  2. VMware Tools のインストール ディレクトリに移動します。

    オペレーティング システム

    デフォルトのパス

    Windows

    C:\Program Files\VMware\VMware Tools

    Linux および Solaris

    /usr/sbin

    FreeBSD

    /usr/local/sbin

    Mac OS X

    /Library/Application Support/VMware Tools

  3. 次のコマンドを入力して、スクリプトを無効にします。
    utility-name script script-name disable
    

    オプション

    操作

    utility-name (Windows の場合)

    VMwareToolboxCmd.exe を使用します。

    utility-name (Linux、Solaris、および FreeBSD の場合)

    vmware-toolbox-cmd を使用します。

    script-name

    powerresumesuspend、または shutdown を使用する。

  4. (オプション) : 仮想マシンをサスペンドするスクリプトを無効にした場合、この手順を繰り返します。
  5. (オプション) : 仮想マシンをレジュームするスクリプトを無効にした場合、仮想マシンをサスペンドするスクリプトも無効にします。