vApp にある仮想マシンおよびネストされた vApp を起動およびシャットダウンする順序を変更できます。また、起動およびシャットダウン時に適用する遅延時間とアクションも指定できます。

始める前に

必要な権限:vApp > vApp アプリケーションの構成(vApp が対象)。

手順

  1. インベントリの vApp に移動し、vApp 設定の編集 をクリックします。
  2. 開始順序 の三角形をクリックして開始順序オプションを展開します。
  3. 仮想マシンを選択し、上下の矢印をクリックして、仮想マシンを起動順に移動します。シャットダウン時には逆の順序が使用されます。

    同じグループ内の仮想マシンと vApp が起動してから、次のグループのオブジェクトが起動します。

  4. (オプション) : 各仮想マシンの起動時のアクションを選択します。

    デフォルトは パワーオン です。仮想マシンを手動でパワーオンする場合は、なし を選択します。

  5. (オプション) : 起動アクションを実行するタイミングを指定します。
    • 起動アクションの遅延時間 (秒) を入力します。

    • VMware Tools の準備完了時 を選択すると、VMware Tools の起動時に起動アクションが実行されます。

  6. (オプション) : 各仮想マシンのシャットダウン時のアクションを選択します。

    デフォルトは パワーオフ です。また、[ゲスト シャットダウン](ゲストをシャットダウンし、仮想マシンは実行されたままにする)、サスペンドなし を選択することもできます。

  7. (オプション) : シャットダウン アクションの遅延時間 (秒) を入力します。
  8. OK をクリックします。