仮想マシンの OVF 設定では、OVF デプロイ後の OVF 環境、OVF 転送、起動動作をカスタマイズできます。仮想マシンのプロパティ ダイアログ ボックスで、OVF 環境に影響する設定を編集および構成できます。

始める前に

これらのオプションにアクセスするには、vApp オプションを有効にしておく必要があります。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. [vApp オプション] タブをクリックします。
  3. [オーサリング] セクションで、OVF 設定 をクリックします。
  4. 設定を表示して指定します。

    オプション

    説明

    OVF 環境

    OVF 環境設定を XML 形式で表示するには、表示 をクリックします。この設定は、仮想マシンがパワーオフ状態のときは使用できません。

    OVF 環境の転送

    • ISO イメージを選択した場合は、OVF テンプレート情報が含まれる ISO イメージが CD-ROM ドライブにマウントされます。

    • VMware Tools を選択した場合は、VMware Tools の guestInfo.ovfEnv 変数が OVF 環境ドキュメントとともに初期化されます。

    インストール起動

    [有効化] をクリックすると、OVF デプロイの完了後、仮想マシンが再起動されます。また、仮想マシンが再起動操作を開始するまでの時間を選択できます。

  5. OK をクリックします。