デプロイされた OVF テンプレートが使用するネットワークを設定および構成します。

このタスクについて

[ネットワークのセットアップ] ウィザード画面では、ソース ネットワークをターゲット ネットワークにマッピングしたり、ネットワークの設定を指定したりすることができます。

マッピングとカスタマイズ(任意)はネットワークごとに実行できます(次の手順を参照)。

手順

  1. テーブルのソース ネットワークを選択して、ターゲット ネットワークにマッピングします。

    [ソース] 列には、OVF テンプレートに定義されているすべてのネットワークが一覧表示されます。[ターゲット] 列では、ターゲット ネットワークを選択できます。

  2. ネットワークのカスタマイズを実行できるように OVF テンプレートが設定されている場合は、IP プロトコルまたは IP の割り当て、あるいはその両方を選択できます。

    オプション

    説明

    静的 - 手動

    アプライアンスのプロパティ ページで、IP アドレスの入力を求めるプロンプトが表示されます。

    一時 - IP プール

    アプライアンスがパワーオンされたときに、指定されている範囲から IP アドレスを割り当てます。アプライアンスがパワーオフされると、IP アドレスは解放されます。

    このオプションを選択したときに IP プールが存在しなかった場合は、IP プールが含まれるネットワーク プロトコル プロファイルが自動的に作成され、ターゲット ネットワークに関連付けられます。

    DHCP

    DHCP サーバを使用して IP アドレスが割り当てられます。環境内で DHCP サーバを使用できる場合にのみ、このオプションを選択します。

    静的 - IP プール

    パワーオン時に、vCenter Server の 管理対象の IP ネットワーク範囲から自動的に IP アドレスが割り当てられ、パワーオフまで割り当てが維持されます。

    このオプションを選択したときに IP プールが存在しなかった場合は、IP プールが含まれるネットワーク プロトコル プロファイルが自動的に作成され、ターゲット ネットワークに関連付けられます。

  3. ネットワーク プロトコルの情報を指定します。

    このオプションは、デプロイする OVF テンプレートにネットワーク プロパティが含まれている場合にのみ表示されます。ネットワーク プロトコルの設定は、DNS サーバ、ゲートウェイ、ネットマスク、またはサブネット用である可能性があります。選択した IP プロトコル(IPv4 または IPv6)と一致する IP アドレスを入力することができます。DNS サーバの場合は、アドレスをコンマで区切ったリスト形式で入力できます。

  4. 次へ をクリックします。