VMware Tools は、仮想マシンのオペレーティング システムにインストールされる一連のユーティリティです。

VMware Tools は、仮想マシンのパフォーマンスを強化し、VMware 製品の多くの使いやすい機能を実現します。たとえば、次に示す機能は、VMware Tools をインストールした場合にのみ利用できる機能の一部にすぎません。

  • Aero をサポートするオペレーティング システム上でグラフィック パフォーマンスと Windows Aero が大幅に高速化

  • ユニティ機能。これにより、仮想マシン内のアプリケーションをホストのデスクトップに他のアプリケーション ウィンドウと同様に表示することが可能

  • ホストとゲストのファイル システム間の共有フォルダ

  • 仮想マシンとホスト(クライアント デスクトップ)間のテキスト、グラフィック、ファイルのコピーと貼り付け

  • マウス パフォーマンスの向上

  • 仮想マシン内のクロックとホスト(クライアント デスクトップ)のクロックの同期

  • ゲスト OS の操作の自動化に役立つスクリプト

  • pre-freeze および post-thaw 静止スクリプトの実行

  • ゲスト OS の静止スナップショットのキャプチャが可能

  • ネットワーク、ディスク、メモリの使用状況に関する情報をゲスト OS から定期的に収集して ESXi ホストに送信。

  • ハートビートを各仮想マシンに 1 秒ごとに送信し、ゲストのハートビート情報をゲスト OS から収集。VMware HA はハートビート情報を使用して仮想マシンが利用可能かどうかを判断します。

  • XML ドキュメントを含むゲスト OS 環境変数 (guestinfo.ovfEnv) を使用して、OVF 環境をゲスト OS に送信。

VMware Tools がなくてもゲスト OS を実行できますが、VMware の多くの機能は、VMware Tools をインストールするまで利用できません。たとえば、仮想マシンに VMware Tools をインストールしていない場合、ゲスト OS からハートビート情報を取得できなかったり、ツールバーからシャットダウンまたは再起動のオプションを使用できなかったりします。パワー オプションしか使用できず、各仮想マシン コンソールからゲスト OS をシャットダウンする必要があります。仮想デバイスの接続や切断、および仮想ディスクの圧縮に VMware Tools は使用できません。

常に最新バージョンの VMware Tools を実行することを強くお勧めします。仮想マシンをパワーオンするたびに VMware Tools のアップグレードの有無を自動で確認して適用するように、仮想マシンを構成できます。仮想マシンの VMware Tools の自動アップグレードの有効化の詳細については、VMware Tools を自動的にアップグレードするための仮想マシンの構成のトピックを参照してください。

インストールの手順はオペレーティング システムによって異なります。ゲスト OS の VMware Tools のインストールおよびアップグレードの詳細については、「仮想マシンのアップグレード」の章を参照してください。VMware Tools のインストールに関する一般的な手順については、当社のナレッジ ベースの記事 (http://kb.vmware.com/kb/1014294) を参照してください。