vSphere Web Client にコンテンツ ライブラリを作成して、その中にテンプレートを格納できます。このテンプレートを使用して、仮想環境に仮想マシンまたは vApp をデプロイできます。

始める前に

必要な権限:ライブラリを作成する vCenter Server インスタンス上の コンテンツ ライブラリ > ローカル ライブラリの作成 または コンテンツ ライブラリ > 購読済みライブラリの作成

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、vCenter インベントリ リスト > コンテンツ ライブラリ を選択します。
  2. オブジェクト タブをクリックします。
  3. ライブラリの新規作成 アイコン(コンテンツ ライブラリの作成)をクリックします。
  4. コンテンツ ライブラリの名前を入力し、メモ テキスト ボックスにそのライブラリの説明を入力して、次へ をクリックします。
  5. 作成するコンテンツ ライブラリのタイプを選択します。

    オプション

    説明

    ローカル コンテンツ ライブラリ

    コンテンツ ライブラリを作成した vCenter Server インスタンスからのみアクセスできる、コンテンツ ライブラリを作成します。

    他のユーザーがライブラリのコンテンツを利用できるようにするには、ライブラリを公開します。ライブラリへのアクセス時にユーザーがパスワードを使用するようにするには、ライブラリの認証を有効にして、パスワードを入力します。

    購読済みコンテンツ ライブラリ

    公開コンテンツ ライブラリに対する購読が設定されたコンテンツ ライブラリを作成します。購読済みライブラリを公開ライブラリと同期して最新のコンテンツを表示することはできますが、購読済みライブラリのコンテンツの追加や削除はできません。公開ライブラリのコンテンツを追加、修正、削除できるのは、公開ライブラリの管理者だけです。

    次の設定を指定して、ライブラリを購読します。

    1. 購読 URL テキスト ボックスで、公開ライブラリの URL アドレスを入力します。

    2. 公開ライブラリで認証が有効になっている場合は、発行元のパスワードを入力します。

    3. 購読済みライブラリのコンテンツのダウンロード方法を選択します。

      • 購読後、直ちに公開ライブラリ内のすべてのテンプレートとファイルのローカル コピーをダウンロードする場合は、すべてのライブラリ コンテンツをすぐにダウンロード を選択します。

      • ストレージ領域を節約する場合は、必要な場合にのみライブラリ コンテンツをダウンロード を選択します。公開ライブラリ内のテンプレートとファイルのメタデータのみがダウンロードされます。

        特定のテンプレートを使用する必要がある場合は、アイテムを同期して完全なコピーをダウンロードします。

    4. プロンプトが表示されたら、SSL 証明書のサムプリントを受け入れます。

      SSL 証明書のサムプリントは、インベントリから購読済みコンテンツ ライブラリを削除するまで、システムに格納されます。

  6. 次へ をクリックします。
  7. このライブラリのコンテンツを格納するストレージの場所のパスを入力します。

    オプション

    説明

    ローカル ファイル システムのパスまたは NFS URL を入力してください

    vCenter Server が動作する Windows マシンのローカル ファイル システムへのパスを入力するか、vCenter Server Appliance を使用している場合は NFS ストレージへのパスを入力します。

    Windows システムで動作する vCenter Server インスタンスを使用する場合は、ローカル ストレージまたは Windows マシンでマップされた共有ストレージにテンプレートを格納できます。

    vCenter Server Appliance を使用する場合は、アプライアンスにマウントされた NFS ストレージにテンプレートを格納できます。新規ライブラリの作成操作が完了したら、vCenter Server Appliance は自動的に共有ストレージをホスト OS にマウントします。

    データストアの選択

    vSphere インベントリからデータストアを選択します。

  8. 設定が完了しましたページで情報を確認し、終了 をクリックします。