ネットワークを介した仮想マシンとホストまたは別の仮想マシンとの通信方法を変更するには、仮想マシンの仮想ネットワーク アダプタ構成のパワーオン接続設定、MAC アドレス、ネットワーク接続を変更できます。

始める前に

必要な権限:ネットワーク > ネットワークの割り当て(仮想マシンの接続先ネットワークを変更する場合のネットワークが対象)。

このタスクについて

仮想マシン ネットワーク アダプタのネットワークの構成の詳細については、ドキュメント『vSphere ネットワーク』を参照してください。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想ハードウェア タブで、[ネットワーク アダプタ] を展開し、ドロップダウン メニューから接続するポート グループを選択します。

    メニューには、ホスト上で仮想マシンが使用可能なすべての標準ポート グループおよび分散ポート グループが一覧されます。

    vSphere Network I/O Control バージョン 3 を使用して、予約クォータからのバンド幅をネットワーク アダプタにプロビジョニングする場合、クォータを提供するネットワーク リソース プールに関連付けられたポート グループを選択します。

    仮想マシンが UCS サーバ上で実行される場合、ドロップダウン メニューには、Cisco UCS Virtual Machine Fabric Extender (VM-FEX) Distributed Switch で使用可能なポート プロファイルも表示されます。

  3. (オプション) : ステータス の設定を変更します。

    オプション

    説明

    接続中

    仮想マシンの実行中に仮想ネットワーク アダプタに接続または切断するには、このオプションを選択または選択解除します。仮想マシンがオフの場合、このチェック ボックスは使用できません。

    パワーオン時に接続

    仮想マシンをオンにしたときに仮想ネットワーク アダプタをネットワークに接続する場合は、このオプションを選択します。このオプションを選択しない場合は、アダプタを手動で接続して、仮想マシンがネットワークにアクセスするようにする必要があります。

  4. アダプタ タイプ ドロップダウン メニューから、使用するネットワーク アダプタのタイプを選択します。
  5. (オプション) : ドロップダウン メニューから、MAC アドレスの割り当て方法を選択します。
    • MAC アドレスを自動的に割り当てるには、自動 を選択します。

    • MAC アドレスを手動で入力するには、手動 を選択します。

  6. ネットワーク アダプタが vSphere Network I/O Control バージョン 3 が有効な Distributed Switch の分散ポート グループに接続されている場合、バンド幅をアダプタに割り当てます。
    注:

    SR-IOV パススルー ネットワーク アダプタにバンド幅を割り当てることはできません。

    1. シェア ドロップダウン メニューで、この仮想マシンからのトラフィックの相対的な優先順位を、接続されている物理アダプタの容量のシェアとして設定します。
    2. 予約 テキスト ボックスで、仮想マシンのパワーオン時に VM ネットワーク アダプタで使用できるようにする必要がある最小帯域幅を予約します。
    3. 制限 テキスト ボックスで、VM ネットワーク アダプタで消費可能な帯域幅の制限を設定します。
  7. 仮想マシンが Cisco UCS Virtual Machine Fabric Extender (VM-FEX) Distributed Switch のポート プロファイルに接続されているときに vSphere DirectPath I/O with vMotion を有効にするには、[DirectPath I/O] の下で 有効化 をクリックします。
  8. OK をクリックします。