vSphere のデプロイ環境に対して、当社では VMware Tools 用のパッケージ化およびディストリビューション メカニズムとして OSP (Operating System Specific Package) を用意しています。これらの VMware Tools OSP は、rpmdeb などのネイティブ パッケージ フォーマットおよび基準を使用してパッケージ化されます。

注:

open-vm-tools がすでにインストールされている場合、Linux ディストリビューションの OSP は作成しないことをお勧めします。ゲスト OS の互換性サポートの詳細については、『VMware 互換性ガイド』を参照してください。

OSP を使用すると、次のメリットがあります。

  • ゲスト OS のネイティブ アップデート メカニズムを使用すると、VMware Tools のダウンロード、インストール、および管理が可能です。

  • vSphere を最新のバージョンにアップグレードしなくても、最新バージョンの VMware Tools にアップグレードできます。

  • VMware Tools OSP は特定の Linux オペレーティング システムのベスト プラクティスおよび標準に従っているので、OSP ではパッケージ間の依存関係を決定するために標準メカニズムを使用します。これらのメカニズムでは、グラフィック コンポーネントを使用してもしなくても、仮想マシン上でパッケージを監査できます。

  • 標準的なオペレーティング システム ツールを使用すると、VMware Tools のインストール中に OSP を確認できます。この処理により、インストールするコンポーネントを簡単に決定し、パッケージ化の正当性を検証できます。

重要:

vCenter Server ではなくネイティブ アップデート メカニズムを使用して、VMware Tools のアップデートを管理する場合に OSP を使います。OSP を使用する場合、仮想マシンの サマリ タブでの VMware Tools のステータスは [管理対象ゲスト] です。ステータスが [管理対象ゲスト] の場合は、vCenter Server を使用して VMware Tools を管理することができず、また、vSphere Update Manager を使用して VMware Tools をアップグレードすることもできません。

詳細については、VMware Operating System Specific Package の Web サイト http://www.vmware.com/download/packages.html を参照してください。