仮想ディスクの作成、テンプレートへの仮想マシンのクローン作成、仮想マシンの移行など、仮想マシンの特定の管理操作を実行する際には、仮想ディスク ファイルのプロビジョニング ポリシーを指定できます。

ハードウェア アクセラレーションに対応する NFS データストアおよび VMFS データストアでは、次のディスク プロビジョニング ポリシーをサポートします。ハードウェア アクセラレーションに対応しない NFS データストアでは、シン フォーマットのみを使用できます。

Storage vMotion またはクロス ホスト Storage vMotion を使用して、仮想ディスクのフォーマットを変換することができます。

シック プロビジョニング (Lazy Zeroed)

仮想ディスクをデフォルトのシック フォーマットで作成します。ディスクの作成時に、仮想ディスクに必要な容量が割り当てられます。物理デバイスに残っているデータは、作成中には消去されませんが、あとで仮想マシンにはじめて書き込むときにオン デマンドで消去されます。仮想マシンが物理デバイスから古いデータを読み取ることはありません。

シック プロビジョニング (Eager Zeroed)

Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック仮想ディスクのタイプ。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。シック プロビジョニング (Lazy Zeroed) フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは、仮想ディスクの作成時に消去されます。このフォーマットでの仮想ディスクの作成には、他のタイプのディスクに比べて長い時間がかかることがあります。

シン プロビジョニング

このフォーマットを使用してストレージ容量を節約します。シン ディスクの場合、入力した仮想ディスク サイズの値に応じて、ディスクに必要な容量と同じデータストア容量をプロビジョニングします。ただし、シン ディスクは最初は小さく、初期処理に必要なデータストア容量のみを使用します。あとでシン ディスクでさらに多くの容量が必要になると、その最大容量まで拡張し、プロビジョニングされたデータストア容量全体を占有できます。

シン プロビジョニングではヘッダ情報のみのディスクを作成するため、最も速く仮想ディスクを作成することができます。また、シン プロビジョニングでは、ストレージ ブロックの割り当ておよびゼロ クリアは行われません。ストレージ ブロックは、最初にアクセスされたときに割り当ておよびゼロ クリアが行われます。

注:

仮想ディスクが Fault Tolerance などのクラスタ ソリューションをサポートしている場合は、シン ディスクを作成しないでください。

シン ディスクは、プロビジョニングされた容量全体を占有するように手動で拡張することができます。物理ストレージ領域が枯渇し、シン プロビジョニングしたディスクを拡張できない場合は、仮想マシンが使用できなくなります。