仮想マシンに高パフォーマンスの VMware 準仮想化 SCSI ストレージ コントローラを追加し、スループットの向上と CPU 使用率の低減を実現できます。

始める前に

  • 仮想マシンに、VMware Tools がインストールされたゲスト OS があることを確認します。

  • 仮想マシンが ESXi 4.x 以降との互換性があることを確認します。

  • VMware 準仮想化 SCSI に関する制約事項を必ず確認しておいてください。VMware 準仮想化 SCSI コントローラについて を参照してください。

  • VMware 準仮想化 SCSI コントローラに接続された起動ディスク デバイスにアクセスする場合は、仮想マシンに Windows 2003 または Windows 2008 ゲスト OS が実行されていることを確認してください。

  • 一部のオペレーティング システムでは、コントローラ タイプを変更する前に、LSI Logic コントローラを使用した仮想マシンを作成し、VMware Tools をインストールしてから準仮想化モードに変更してください。

このタスクについて

VMware 準仮想化 SCSI コントローラは、大量の I/O が発生するアプリケーションを実行する環境 (特に SAN 環境) に最適です。

SCSI コントローラの上限および仮想デバイス割り当ての動作については、SCSI および SATA ストレージ コントローラの条件、制限事項、互換性 を参照してください。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想ハードウェア タブで、新規デバイス ドロップダウン メニューから SCSI コントローラ を選択し、追加 をクリックします。

    コントローラが、仮想ハードウェア デバイス リストの下部に表示されます。

  3. SCSI コントローラを展開し、タイプの変更 ドロップダウン メニューから VMware 準仮想化 を選択します。
  4. OK をクリックします。