定期的な時刻同期をオンにしていない場合でも、仮想マシンは、ときどきホストとの時刻同期を行います。時刻同期を完全に無効にするには、仮想マシンの構成ファイル内のプロパティをいくつか設定する必要があります。

始める前に

仮想マシンをパワーオフします。

手順

  1. 仮想マシンの構成ファイル (.vmx ファイル) をテキスト エディタで開きます。
  2. 時刻同期プロパティについての複数の行を追加し、それらのプロパティを FALSE に設定します。
    tools.syncTime = "FALSE" time.synchronize.continue = "FALSE" time.synchronize.restore = "FALSE" time.synchronize.resume.disk = "FALSE" time.synchronize.shrink = "FALSE" time.synchronize.tools.startup = "FALSE"
    
  3. ファイルを保存して閉じます。

次のタスク

仮想マシンをパワーオンします。