デバイス ドライバは、マウス操作を最適化し、サウンド、グラフィック、およびネットワークのパフォーマンスを向上させます。VMware Tools をカスタムでインストールまたは再インストールすると、インストールするドライバを選択できます。

VMware Tools のインストール時にインストールされるドライバは、ゲスト OS および VMware 製品によって異なります。構成要件、ベスト プラクティス、パフォーマンスなど、これらのドライバで有効になる機能の詳細については、VMware 製品のマニュアルを参照してください。VMware Tools には次のデバイス ドライバが含まれる場合があります。

SVGA ドライバ

この仮想ドライバは 32 ビット ディスプレイおよび高解像度ディスプレイを実現し、グラフィック パフォーマンスを大幅に向上させます。VMware Tools をインストールする際、デフォルトの VGA ドライバは仮想 SVGA ドライバに置き換えられます。デフォルトのドライバでは、640 X 480 の解像度と 16 色のグラフィックしか実現できません。

Windows Vista 以降のオペレーティング システムを実行している Windows ゲスト OS には、VMware SVGA 3D (Microsoft - WDDM) ドライバがインストールされます。このドライバは SVGA ドライバと同じ基本機能を提供し、さらに Windows Aero をサポートします。

SCSI ドライバ

準仮想化 SCSI デバイス用の VMware 準仮想化 SCSI ドライバが含まれます。その他のストレージ アダプタ用のドライバは、オペレーティング システムにバンドルされているか、サードパーティ ベンダーから入手可能です。

たとえば、Windows Server 2008 はデフォルトで LSI Logic SAS を搭載しており、オペレーティング システムに優れたパフォーマンスをもたらします。この場合は、オペレーティング システムに付属する LSI Logic SAS ドライバが使用されます。

準仮想 SCSI ドライバ

これは、VMware 準仮想化 SCSI アダプタ用のドライバで、一部の仮想アプリケーションのパフォーマンスを高めます。

VMXNet NIC ドライバ

vmxnet と vmxnet3 のネットワーク ドライバにより、ネットワーク パフォーマンスが向上します。使用するドライバは、仮想マシン用のデバイスの設定方法によって異なります。これらのドライバをサポートするゲスト OS については、VMware のナレッジ ベースで検索してください。

VMware Tools をインストールする際に、デフォルトの vlance ドライバが VMXNet NIC ドライバに置き換えられます。

マウス ドライバ

仮想マウス ドライバは、マウスのパフォーマンスを高めます。このドライバは、Microsoft Terminal Service などの一部のサードパーティ製のツールを使用する場合に必要です。

オーディオ ドライバ

このサウンド ドライバは、すべての 64 ビットの Windows ゲスト OS、および 32 ビットの Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows Vista のゲスト OS で必要になります。

ゲスト イントロスペクションのドライバ

ゲスト イントロスペクションには、NSX ファイル イントロスペクション ドライバと、ネットワーク イントロスペクション ドライバの 2 つのドライバがあります。NSX ファイル イントロスペクション ドライバは、ハイパーバイザーを使用してアンチウィルスのスキャンを実行します。エージェントのインストールは必要ありません。この方法によってリソースのボトルネック発生を防止し、メモリの使用を最適化します。NSX ネットワーク イントロスペクション ドライバは NSX for vSphere のアクティビティ監視をサポートします。2 つのドライバは個別にインストールできます。ゲスト イントロスペクション ドライバは、VMware Tools をインストールする際にデフォルトでインストールされません。

メモリ制御ドライバ

このドライバはメモリのバルーニングに必要で、VMware vSphere での使用が推奨されます。このドライバを使用しないと、vSphere 環境にある仮想マシンのメモリ管理機能を利用できません。

仮想マシンの自動バックアップ作成用のモジュールおよびドライバ

ゲスト OS が Windows Vista、Windows Server 2003、または他のより新しい Windows オペレーティング システムの場合、Volume Shadow Copy Service (VSS) モジュールがインストールされます。その他のより古い Windows オペレーティング システムでは、Filesystem Sync ドライバがインストールされます。これらのモジュールによって、vSphere と連携する外部のサードパーティ製バックアップ ソフトウェアは、アプリケーションの整合性を備えたスナップショットを作成できます。スナップショットの作成中に、特定のプロセスが一時停止し、仮想マシン ディスクが静止します。

VMCI および VMCI ソケット ドライバ

仮想マシン通信インターフェイス (VMCI) ドライバは、仮想マシンと、仮想マシンが実行されているホスト間での高速かつ効率的な通信を実現します。開発者は、VMCI 仮想デバイスを活用するため、VMCI ソケット (vsock) インターフェイスでクライアント サーバ アプリケーションを作成できます。

VMware ドライバ(Linux 用)

オペレーティング システムのインストール中に Linux 用ドライバが自動でインストールされます。このため、OS のインストール後はドライバを個別にインストールする必要はありません。VMware は VMware 準仮想化ドライバとカーネル モジュールのソース コードを積極的にメンテナンスしており、新しい Linux OS ディストリビューションにも、最新の VMware ドライバが自動的に含まれます。

VMware は、OS ベンダーにより配布されている既存の Linux 同梱のドライバの削除または置き換えはお勧めしません。これらのドライバを削除したり置き換えると、今後のドライバの更新で競合が発生する場合があります。特定のドライバにアップデートがあるかどうかについては、OS ベンダーまたは OS のコミュニティにお問い合わせください。

Linux 同梱の VMware ドライバの提供、メンテナンス、およびサポート ポリシーについては、http://kb.vmware.com/kb/2073804を参照してください。