ESXi ホスト 6.0 以降で実行される仮想マシンは、仮想 CPU を最大 128 個まで搭載するように構成できます。仮想マシンのパワーオフ時に、仮想 CPU の数を変更できます。仮想 CPU のホットプラグが有効になっている場合は、仮想マシンの実行中に仮想 CPU の数を増やすことができます。

始める前に

  • CPU のホット アドが有効になっていない場合は、CPU を追加する前に仮想マシンをオフにします。

  • マルチコア CPU をホット アドするには、仮想マシンが ESXi 5.0 以降と互換性があることを確認します。

  • 必要な権限:仮想マシン > 構成 > CPU カウントの変更(仮想マシンが対象)

このタスクについて

仮想 CPU ホット アドは、ESXi 5.0 以降と互換性のある、マルチコア CPU 対応の仮想マシンでサポートされます。仮想マシンをオンにし、CPU ホット アドが有効な場合、実行中の仮想マシンに仮想 CPU をホット アドすることができます。ソケットごとに、コア数の倍数分のみを追加できます。

重要:

仮想マシンでマルチコア仮想 CPU 設定を構成する場合は、構成がゲスト OS EULA の要件に準拠するようにしてください。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. CPU を展開し、CPU ドロップダウン メニューからコアの数を選択します。
  3. ソケットごとのコア ドロップダウン メニューから、ソケットごとのコア数を選択します。
  4. OK をクリックします。