Windows ゲスト OS を実行している複数の仮想マシンに VMware Tools をインストールする場合、インストールを自動化して、コンポーネントを含めるまたは除外するオプションを指定できます。

始める前に

  • 仮想マシンをパワーオンします。

  • ゲスト OS に管理者でログインします。

  • コマンド ラインで setup.exe コマンドを使用して VMware Tools のインストールを実行する場合、VMware Tools の ISO イメージに仮想 CD/DVD ドライブをマウントするように、仮想マシン設定を編集します。

  • コマンド ラインで setup.exe コマンドを使用して VMware Tools のインストールを実行する場合、VMware Tools の ISO イメージに仮想 CD/DVD ドライブをマウントするように、仮想マシン設定を編集します。VMware Workstation Pro と Workstation Player では、windows.iso ファイルは Workstation Pro または Workstation Player をインストールしたホスト上のディレクトリにあります。

  • MSI 引数を使用してサイレント インストールに関するオプションを指定する場合、MSDN Web サイトにある Windows Installer のページに移動し、構文について理解しておいてください。setup.exe コマンドでこれらの引数を使用するか、 vCenter Server の自動インストールおよびアップグレードのダイアログ ボックスで、これらの引数を入力できます。

  • 一部の VMware Tools のコンポーネントをインストールしない場合は、VMware Tools のコンポーネント名について理解し、除外するコンポーネントを指定できるようにしてください。サイレント インストールで使用される VMware Tools のコンポーネントの名前を参照してください。

  • VMware 製品のベータ版または RC 版から VMware Tools をインストールする場合、署名のないドライバに関するプロンプトが表示されません。Vista 以前の Windows オペレーティング システムでの署名なしドライバに関するプロンプトの抑止およびドライバのプロンプトを抑止するための、信頼できる発行元としての VMware の追加を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリでホスト、クラスタ、またはデータセンターを選択し、仮想マシン タブをクリックします。
  2. 仮想マシンを選択して右クリックし、ゲスト OS > VMware Tools のインストール/アップグレード の順に選択します。
  3. インストールまたはアップグレードの構成情報を入力します。