[vApp 設定の編集] ダイアログの [オーサリング] セクションでプロパティを定義すると、その次に vApp 設定を編集するときにそのプロパティに値を割り当てることができます。OVF から vApp をデプロイした場合、その OVF にプロパティが事前に定義されていたときには、それらのプロパティも編集できる可能性があります。

始める前に

必要な権限:vApp > vApp アプリケーションの構成(vApp が対象)。

このタスクについて

アプリケーション プロパティ セクションでは、製品情報の確認と、カスタム プロパティへの値の割り当てを行うことができます。

  • 現在の vApp の オーサリング セクションの 製品 フィールド内、または現在の vApp のデプロイ元である OVF パッケージ内で指定された情報は、アプリケーション プロパティ セクションで表示できます。

  • 現在の vApp の オーサリング セクションの プロパティ フィールド内、または現在の vApp のデプロイ元である OVF 内で定義されたカスタム プロパティに値を割り当てることができます。

OVF 1.1 仕様の第 9.5 項では、どの製品メタデータを OVF に含めることができるかが説明されています。vCenter Server は、それらのメタデータをサポートします。

手順

  1. インベントリの vApp に移動し、vApp 設定の編集 をクリックします。
  2. アプリケーション プロパティが事前に vApp に定義されている場合は、アプリケーション プロパティ の三角形をクリックして vApp プロパティを展開します。
  3. vApp のプロパティを編集します。
  4. OK をクリックします。