電源オプションを設定すると、ゲスト OS をスタンバイ状態にしたときに、仮想マシンをサスペンドするか、パワーオン状態のままにするかを選択できます。Windows 7 などのデスクトップ ベースのゲストの場合、デフォルトでスタンバイが有効になっていることがあり、あらかじめ定義されている時間経過後にゲストがスタンバイ モードに移行します。

このタスクについて

次の条件が適用されます。

  • 電力管理 オプションは、ゲスト OS では使用できません。

  • Wake on LAN 機能をサポートしているのは Windows ゲスト OS のみで、Vlance NIC や、フレキシブル NIC を Vlance モードで使用する場合にはサポートされません。つまり、最新の VMware Tools は、ゲスト OS にインストールされません。

  • Wake on LAN は、S1 スリープ状態の仮想マシンのみをレジュームできます。サスペンド状態、休止状態、またはパワーオフ状態の仮想マシンをレジュームすることはできません。

  • Wake on LAN をサポートする NIC には、フレキシブル (VMware Tools が必要) vmxnet、拡張 vmxnet および vmxnet 3 があります。

注:

ゲスト OS が誤ってスタンバイ モードに移行するのを回避するには、仮想マシンをデプロイする前に設定を確認します。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想マシン オプション タブで、電力管理 を展開します。
  3. パワー オプションを選択します。

    オプション

    説明

    仮想マシンをサスペンドする

    すべてのプロセスを停止することでリソースを節約し、仮想マシンのメモリのコンテンツを仮想マシンの .vmss ファイルにコピーします。ファイルをコピーしてトラブルシューティング シナリオに役立てるような場合は、.vmss ファイルへのメモリの書き込み機能が便利です。

    ゲスト OS をスタンバイ モードにして、仮想マシンをパワーオンのままにする

    すべてのプロセスは実行を停止しますが、仮想デバイスは接続状態のままとなります。

  4. (オプション) : この動作を起動するには、次の仮想マシン トラフィックの Wake-On-LAN を選択し、仮想 NIC を選択します。

    サポートされない NIC が表示されることがありますが、それらには接続できません。

  5. OK をクリックして、変更内容を保存します。