Open Virtual Machine Tools は open-vm-tools スイートのオープン ソースの実装です。これには、VMware ハイパーバイザーにおける仮想マシンの機能と管理を向上するための仮想化ユーティリティが含まれます。

open-vm-tools スイートは Linux オペレーティング システムにバンドルされており、OS インストールの一部としてインストールされるため、スイートをゲスト OS に個別にインストールする必要がありません。すべての主要な Linux ベンダーは vSphere、Workstation、Fusion の open-vm-tools スイートをサポートしており、製品リリースにバンドルしています。これらを安全に使用できるようにするには VMware によって認定される必要があります。open-vm-tools スイートの OS 互換性チェックの詳細については、http://www.vmware.com/resources/compatibility にある『VMware 互換性ガイド』を参照してください。

open-vm-tools スイートへのすべての更新と VMware ドライバが OS メンテナンス パッチと更新に含まれているため、open-vm-tools を Linux OS リリースにバンドルすることによって仮想マシンのダウンタイムが減少します。open-vm-tools スイートの更新用に個別の管理サイクルを維持する必要はありません。

まれに、open-vm-tools スイートが OS リリースに統合されていると、インストール CD または DVD 上の OS にスイートがバンドルしてあり、ゲスト OS のインストール時にデフォルトでインストールされるときに若干変更されることがあります。それ以外の場合は、インストール時に特別に選択しない限り、open-vm-tools スイートがデフォルトでインストールされることはありません。

オープン ソース コミュニティから OS をインストールする場合は OS パッケージ マネージャを使用します。特定のリリース向けに OS ベンダーから提供されるインストール手順に従うか、パートナーの Web サイト (http://partnerweb.vmware.com/GOSIG/home.html) を参照してください。

VMware は OS ベンダーおよびオープン ソース コミュニティと共同で開発した Open VM Tools を全面的にサポートしており、OS ベンダーから再配布された open-vm-tools を削除することはお勧めしません。

注:

VMware Tools のパッケージ化と配布に open-vm-tools または OS 固有のパッケージ (OSP) を使用する場合、VMware Tools ステータスは、仮想マシンの サマリ タブに [管理対象ゲスト] として表示されます。ステータスが [管理対象ゲスト] の場合は、OSP および Open VM Tools ソフトウェアの更新の管理に vCenter Server を使用できないことを意味します。その代わり、各ゲスト OS 内から Open VM Tools と OSP のインストールと更新を管理し、ゲスト OS と同期した Open VM Tools の更新と、仮想アプライアンスの更新およびパッチを取得するようにします。

Open VM Tools パッケージ

ゲスト OS の管理を向上するために、open-vm-tools スイートには次のパッケージが含まれています。

  • コア open-vm-tools パッケージには、コア open-vm-tools ユーザー スペース ユーティリティ、アプリケーション プログラム、ライブラリのほか、vmtoolsd が含まれており、ホストとゲスト OS の通信を効果的に管理するのに役立ちます。このパッケージには、ゲスト OS のクロックの仮想プラットフォームとの同期、ホストとゲスト間でのファイル転送、ゲスト OS から仮想インフラストラクチャへのハートビート情報の送信による vSphere High Availability (HA) のサポート、ゲスト OS のリソース使用率とネットワーク情報の仮想プラットフォームへの公開などの機能が含まれています。

  • オプションの open-vm-tools-desktop パッケージには、追加のユーザー スペース プログラムとライブラリが含まれており、仮想マシンのデスクトップ操作の対話機能を向上します。このパッケージを使用することにより、ホスト コンソール ウィンドウまたは vSphere の VMware Remote Console ウィンドウに合わせてゲスト表示のサイズを調整できます。また、このパッケージによって、ホストとゲスト OS 間でのコピー アンド ペーストと、VMware Workstation および VMware Fusion 製品のゲストとホスト間でのドラッグ アンド ドロップが可能になります。

  • open-vm-tools-devel パッケージには、vmtoolsd プラグインおよびアプリケーションの開発に使用するライブラリやその他のドキュメントが含まれています。

  • open-vm-tools-debuginfo パッケージには、open-vm-tools のソース コードおよびバイナリ ファイルが含まれています。Open VM Tools のソース コードの最新コピーについては、SourceForge の Web サイト (http://open-vm-tools.sourceforge.net) を参照してください。ソース コードのコピーは、GitHub の Web サイト (https://github.com/vmware/open-vm-tools) からも入手できます。

open-vm-tools のサポート ポリシーや可用性についての詳細は、VMware のナレッジ ベースの記事 http://kb.vmware.com/kb/2073803 を参照してください。